米ZDNet編集長Larryの独り言

デルによるEMC買収、規模のメリットはパブリッククラウドの課題に勝るのか

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2015年10月14日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DellがEMCを約670億ドル相当の現金と株式で買収することで合意したと発表した。これは、これまでで最大規模のレバレッジドバイアウト(LBO)となる。両社の合併は戦略的には理にかなっているが、難点もある。両社はハイブリッドクラウド市場において、パブリッククラウドに関して語るべきストーリーを持ち合わせていないのだ。

 EMCは戦略上の選択肢を検討してきており、同社が株式の大半を所有しているVMwareによる逆吸収合併から、VMwareの完全子会社化まで、あらゆる道を模索してきた。発表によると、VMwareは今後も株式公開企業として独立して運営される。

 買収の動機は明白だ。

  • 両社は規模を拡大し、データセンター関連のほぼすべての分野で事業を展開できるようになる。
  • DellはVMwareとEMCの持つ力を得ることで、真のソフトウェア資産を手にできるようになる。
  • EMCは「VNX」というストレージも販売しているため、合併によってより優れたコンバージドインフラを展開できるようになる。
  • 両社が力を合わせることで、ハードウェアとソフトウェアを組み合わせて販売するサービス企業として一段高みに上れるようになる。

 もちろん、難点もある。両社は合併後、超巨大企業となるが、パブリッククラウドに関して語るべきストーリーを持ち合わせていない。クラウド分野における両社の守備範囲は、プライベートクラウドの構築とハイブリッドアーキテクチャがすべてなのだ。つまり、プライベートインフラと連携するパブリッククラウドの部分がすっぽり抜け落ちている。IBMであれば、この部分には「SoftLayer」という製品がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算