編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
北川裕康「データアナリティクスの勘所」

システム開発やマーケティングをまだ外注しますか - (page 2)

北川裕康

2015-10-15 07:30

アナリティクス人材を企業が争奪する訳


 最後にデータ分析。これは少し様子が違います。

 最近、ITベンダー、コンサルティングファーム、一般企業の三つ巴で、優れたアナリティクス人材の獲得競争が起きています。データとそれを分析する人材を企業資産とし、ビッグデータを活用して企業戦略を進める一般企業が多く出てきており、さらにその企業は「この分野については、ビジネスに直結しているので外注だけに任せてはいけない」と気づいているからです。ただ、データ分析にお困りの場合は弊社にご相談いただきたいですが(笑)。

 アナリティクスの語源は、古代ギリシャ語の「紐解く」です。ビジネス課題を解決することなのです。分析と訳すのは適さないです。課題の近くにいないと、アナリティクスの本来の意味どおり、認識、解決できないですよね。日本マイクロソフトに1993年に入社して驚いたのは、データ分析をするアナリストが特別な職種でなく、当たり前のように日本法人にもいたことです。随分、仕事をサポートしてもらいました。

 このように企業内にアナリティクス人材を抱える傾向はとてもよいことですが、大学からのアナリティクスを活用できる人材の輩出が少ない日本では、大変厳しい獲得競争が起きてしまっています。なかなかうまく行かないものです。しかしながら、ここにきて大学側がアナリティクス人材の育成を強化する機運もあり、前途は明るいものと考えています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]