編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

鉄鋼株の決算プレビュー--決算発表前の見解

ZDNet Japan Staff

2015-10-15 10:48

 これから始まる9月中間決算では、ポジティブサプライズ(想定以上に良好で驚き)と、ネガティブサプライズ(想定以上に悪化して驚き)の発表がたくさんあると思われる。

 決算発表後に、急騰、急落する銘柄が増えるだろう。今回は、鉄鋼株を例にとり、決算発表前の業績見通しの調べ方について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏が解説する。

鉄鋼株は、業績悪化が「市場予想以上」か「市場予想程度」かが判断の分かれ目に

 新日鐵住金(5401)、JFE HLDG(5411)など高炉株は上半期、中国が安値輸出攻勢をかけた影響で輸出採算が悪化し、減産を余儀なくされた。その影響を受けて、今期の業績見通しは徐々に悪化してきている。中間決算発表時に示される見通しが、「市場予想」と比較して良いか悪いかが注目のポイントだ。

 鉄鋼株の代表銘柄、新日鐵住金を例にとって、決算発表前の業績のコンセンサス予想の調べ方を紹介する。楽天証券HPを使った調べ方を解説しよう。

楽天証券HPより転載


 まず、楽天証券HPを開いたら、会員の方はログインしていただきたい。次に、上の画面の通り、「国内株式」に入っていただき、検索欄に、5401と新日鐵住金の銘柄コードを入力しよう。コードの代わりに「新日鐵住金」と銘柄名を入力してもOKだ。さらに、「業績予測」を押す。

 すると、以下の通り、新日鐵住金の業績予想コンセンサスと、レーティング分布が出てくる。

楽天証券HPより転載


(出所:コンセンサス予想は、IFISコンセンサス予想)

 右側の「レーティング分布」を見ると、新日鐵住金の分析を担当して、投資判断(レーティング)をつけている証券会社などのアナリストが15人いることが分かる。投資判断は、10人が「強気」、5人が「中立」となっている。

 この15人の予想する今期(2016年3月期)の売上高および経常利益の予想(平均値)が左側の「業績予想コンセンサス&コメント」に出ている。コンセンサス予想では、経常利益は、3536億200万円となる見通しだ。

 同じページの一番下を見ると、業績予想の詳細が見られる。

楽天証券HPより転載


(出所:コンセンサス予想は、IFISコンセンサス予想)

 ここをご覧いただくと、前期(2015年3月期)決算実績と、今期(2016年3月期)業績の会社予想(青矢印を添付)が見られる。会社が予想する今期経常利益は、3700億円(前年比マイナス18.1%)だ。 これを、今期予想コンセンサス(赤矢印を添付)と比較する。

 注目していただきたいのは、経常利益の今期予想コンセンサス推移(赤の四角で囲んだところ)だ。3カ月前に4521億3300万円だったコンセンス予想は、1カ月前に3762億7500万円、1週間前には3632億6800万円に下がり、現在は3536億200万円まで下がっている。

 当初、会社予想(3700億円)を大きく上回っていたが、足元は、会社予想を少し下回るところまで下がっている。 こうした環境下で、鉄鋼株への投資スタンスは、どうすべきだろうか。引き続き明日も、この鉄鋼株の投資判断について解説する。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]