編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

アップル、個人情報を収集する「iOS」アプリをApp Storeから削除--中国の広告SDK利用

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-20 08:15

 少なくとも250件の「iOS」アプリが個人データを収集していることが明らかになった。開発者もその事実を知らなかった可能性がある。

 SourceDNAは先週末、開発者向けに同社の「Searchlight」プラットフォームをアップデートした際にこの問題を発見した。これを受け、Appleは次のような声明を出し、問題のあるアプリをApp Storeから削除したとしている。

多数のアプリが、モバイル広告プロバイダーであるYoumiの開発したサードパーティーの広告SDKを使用していることを特定した。非公開のAPIを使用して、ユーザーの電子メールアドレスやデバイスIDなどの個人情報を収集し、同社の企業サーバにデータを転送している。これは、われわれのセキュリティおよびプライバシーに関するガイドラインに違反している。YoumiのSDKを使用するアプリをApp Storeから削除した。また、今後App Storeに提出される新しいアプリがこのSDKを使用していれば、すべて却下される。

 Appleは非公開APIの使用やデータ収集を禁止しているが、Youmiの広告SDKはこれにうまく対応し、このSDKを使用する開発者はこの問題を認識していなかった。YoumiのSDKは基本的に、実行時に作成される一連のデータでAPIを呼び出し、データ収集の意図を隠ぺいしている。そのため、App Storeの審査でこの問題が検出されなかったようだ。

 SoureDNAは独自の調査に基づき、YoumiのSDKを使用するアプリは、「iOS」端末上に登録されているApple IDや電子メールアドレスに加えて、インストールされているアプリケーションのリストを収集できると述べている。SecureDNAは、256件の感染アプリを特定し、合計約100万回ダウンロードされていると見積もっている。ほとんどのアプリは、中国の開発者らが作成したものだという。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]