編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
調査

企業の「Windows 10」導入は順調--Spiceworks調査

Ken Hess (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-20 10:38

 プロフェッショナル向けのネットワーキングサイトSpiceworksは先週、企業ネットワーク上に少なくとも1台の「Windows 10」搭載マシンがある企業の数を、匿名の集約化されたデータにより調査して結果を発表した。それによると、企業環境におけるWindows 10の採用率は現時点で11%となっており、同社が6月に発表した、企業内での採用予定に関する調査結果よりも2倍以上速いペースで導入が進んでいることになる。

 当時の調査では、40%の企業がWindows 10のリリースから1年以内の採用を予定していたが、現在のトレンドが続く場合、この比率ははるかに高くなるだろう。


6月当時の調査結果。40%の企業がリリースから1年以内の採用を予定していた。

 また、Windows 10の浸透率は、北米地域がその他の地域よりもはるかに高くなっている。

 具体的には、北米地域の浸透率はEMEA(欧州、中東、アフリカ)地域よりも13%高く、ラテンアメリカ地域よりも27%高く、アジア太平洋地域よりも41%高くなっている。


左から北米、EMEA、ラテンアメリカ、アジア太平洋地域

 Windows 10を最も積極的に導入しているのは中~大規模企業であり、500人超の従業員を抱える企業における浸透率は約23%となっている。その一方で、従業員が50人以下の企業における浸透率は5.3%にとどまっている。


 最後になるが、Windows 10の採用に関する興味深いデータとして、どの業界で同OSの採用が進んでいるのかというものもある。


上からソフトウェア、製造、政府機関、建設、エネルギー、保険、小売、娯楽、エンジニアリング

 Windows 10は、かつてない速度で普及が進んでいるOSのようだ。「Windows 7」や「Windows 8」は、1億の大台に乗るまで6カ月かかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]