編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ハイブリッドクラウド座談会(5):IT部門に求められるスキルが変化している - (page 3)

怒賀新也 (編集部) 山田竜司 (編集部) 吉澤亨史

2015-10-22 07:00

――ベンダーごとにお互いに聞きたいことは。

林氏 ハイブリッドクラウドを積極的に展開していくにあたって、どこと手を組み、どういうところでイニシアチブを出していくかとか、そのあたりの戦略はどのように決めるのですか。意志だけではできないですよね。

巨勢氏 VMware自身は、クラウドを自社だけで完結するつもりはなくて、NTTコミュニケーションズをはじめ、グローバルに当社のを使ってくださって、クラウドを展開されている事業者がいらっしゃいます。そういった事業者間の橋渡しをできるようなテクノロジを開発し続ける。それによって、事業者間で今までできなかった新しい形態のクラウドのスキームを作れるような手助けをするのがわれわれの最大の仕事だと思います。


ヴイエムウェア ハイブリッドクラウド本部本部長 巨勢泰宏氏
2008年入社し、同社エンジニアリング部門を統括後、2014年よりVMware vCloud Airの事業戦略の立案から市場展開までを牽引。仮想化の既存の顧客を中心に透過的なハイブリッドクラウドの導入の支援を推進する

 もちろん、それをする上でわれわれはvCloud Airというパブリッククラウドを提供していますが、そのvCloud Airがレファレンスアーキテクチャである必要性を自分たちで保持する。そういったテクノロジを他社にどんどん展開することで、より堅牢で柔軟で、商品性の高い展開ができるのではないかと思います。エコシステムありきのクラウド戦略が、VMwareの立ち位置です。

各務氏 エコシステムというと、ベンダー同士のエコシステムという印象なのですが、私のイメージはやはり、私たちベンダーと販売パートナー、SIer(システムインテグレーター)とお客様の間をグルグル技術者が行き来できるような状態が、本当は正しい状況ではないかと思っています。

 その中で私たちが今しなければならないことは、今日来ていらっしゃる会社を代表される方々にもぜひ、一緒に考えていただきたいことが、顧客の利益になるようなことをすれば、自然にSIerはそれに続かなくてはいけなくなるということです。私たちがいい提案をし続けることが、エコシステムを作る最大のスタートポイントなのではないかと感じてます。

――いい提案とは何ですか。

各務氏 顧客のニーズを聞いて、ちゃんと課題を特定してから製品やサービスを提案する、課題を認識されていないお客様が多いですから、見えているところは氷山の一角で、そこをちゃんと深掘りしてディスカッションして、課題を見つけてソリューションを特定して提供していく。そうしていくと、押し売りはしなくなります。

 なぜかというと、顧客に深く入りこんでいるので、今まで仕事でされたものが光を浴びて、その分ビジネスになる。それが溜まっていくと、パートナーがだんだん「ヤバイ」と感じて、いい提案をし始めます。その結果、いい技術者が育ってきます。すると、ベンダーとユーザーとパートナーの良好な関係ができあがる。こういうエコシステムができると個人的には思います。もちろんマイクロソフトもそういう活動をしています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]