海外コメンタリー

マイクロソフトがオープンソースを重視する理由--Azure担当CTOに聞く - (page 2)

Matt Asay (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2015年10月26日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 例えば今では、Azureの仮想マシンのうち4つに1つがLinuxで動作しています。このため、われわれはLinuxをAzureプラットフォームで利用される主要なOSの1つにするために真剣に取り組んでいます。また、「Git」「Java」「NodeJS」「PHP」「Python」「Ruby」「.NET」などの、幅広いプログラミング言語やツールを扱っています。さらに現在では、Azure上でChef、Cloud Foundry、Jelastic、Puppetを始めとするさまざまなサードパーティーをサポートしています。

 これはもちろんわが社のコンテナ戦略にもあてはまるもので、オープンさと充実した選択肢は、Microsoftのコンテナに対するアプローチの大きな柱となっています。Azure Container Serviceはそのよい例でしょう。このサービスは、わが社のクラウドサービスを、オープンソースのApache MesosおよびDockerと組み合わせることで、コンテナの展開、オーケストレーション、管理のための基盤を提供しています。

--なぜ、このソリューションの中核的な部分にApache Mesosが選ばれたのでしょうか。

Russinovich氏:現在、Fortune 500企業の80%以上がMicrosoftのクラウドサービスの顧客であり、わたしはCTOとして、それらの企業の多くと頻繁に話をしています。

 それらの会話の中で明らかになったことの1つは、コンテナ技術を評価する段階から導入する段階に移行しつつある企業の多くが、コンテナアプリケーションの管理と展開に伴う課題を解決するために、Mesosを選択しているということでした。Azure部門のほかのリーダーたちも、同じ傾向に気づきました。

 それで、最初にサポートすべきオーケストレーション技術がMesosであることが明らかになったのです。それに加え、先ほど述べた通り、Mesosのオープンさと柔軟性は、わが社のオープンさを中心としたコンテナ戦略に合致していました。

--この戦略でMesosphereと提携することが発表されました。MesosphereのDCOSは、このコンテナ戦略のどこに位置づけられるのでしょうか。

Russinovich氏:Azure Container Serviceでは、MesosphereのDCOSのオープンソースコンポーネントを使用しています。例えば、コンテナアプリの起動とスケーリングには「Marathon」を、cronとバッチワークロードの分散処理には「Chronos」を使用します。

 しかしコンテナサービス以外にも、Azureプラットフォームではすでに別の形でMesosphereのDCOSに取り組んでいます。今年Microsoftが開催したカンファレンスBuildでは、Azure上でDCOSクラスタを簡単に起動できることを示すデモを行い、数秒間で数千のDockerコンテナを展開してみせました。このデモは、大規模な環境でもコンテナのパワーと簡単さを利用できること、そして、Azureのような超大規模クラウドプラットフォームと、MesosphereやDockerのようなパートナーのテクノロジによって可能になりつつあることの例をよく示しています。

--LinuxとWindowsのハイブリッドワークロードに対するMicrosoftのビジョンはどのようなものですか?これまでに、MesosをWindows Server上で動作させる試みについて話を聞いています。われわれは、そのような一体となった世界に向かっているのでしょうか。

Russinovich氏:先ほど、あらゆる人がコンテナの恩恵を受けられるようにしたいという話をしました。これは、WindowsユーザーかLinuxユーザーかに関わらず、そしてパブリッククラウドのユーザーかプライベートクラウドのユーザーかに関わらずです。顧客は、ワークロードを複数の多様な環境にまたがって統合する手段を求めており、われわれはそれを支えようとしています。

 前に述べたように、Microsoftはその意気込みをいくつもの形で示しています。わが社の新たなコンテナサービスもそうですし、MesosとAzureの統合も、そして最近では、今年開催されたMesosConカンファレンスで披露したWindows Server上で動作するMesosのデモもそうです。

 顧客に選択肢と柔軟性を提供することで、顧客のイノベーションを加速し、だれもがその恩恵を受けられるようにしようとしています。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]