編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
海外コメンタリー

サイバー攻撃でデータが漏えい--どう備え、どう対処する? - (page 4)

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-10-27 06:00

 Dillon氏は以下のように語っている。

 「顧客はデータ漏えいが発生した場合のコスト負担を軽減するために、さまざまな手段を模索している。サイバー保険によって、ある程度の損害をカバーできるようになるとともに、データ漏えいに備えたセーフティネットが提供される。(とは言うものの)、その対象は調査コストとなる場合が多く、改善のためのコストが含まれるとは限らない」

 企業はサイバーセキュリティの分野で最先端を走り続ける責任も課されている。犯罪者は常に自らのテクニックを磨き、変化させているため、マルウェアや感染テクニックは洗練されてきており、現在では一部の国家機関も関わるようになっている。後手に回るのではなく積極的に対応することが、企業を長期的な混乱のリスクから守るうえで必要だ。とはいえ、まず最初は上述した手順から手を付けるのがよいだろう。

 なお、ワシントンDCで開催された今回のサイバーセキュリティサミットへの参加は、FireEyeの招待によるものであったことをここに記しておく。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]