デル氏とナデラ氏が語るPC、Windows 10、クラウド - (page 3)

末岡洋子

2015-10-26 07:00

Ballmer氏が残したアドバイス

 買収戦略にも話が及んだ。670億ドルでEMCを買収することを発表したDellではない。大型買収をしていないMicrosoftのNadella氏に対してだ。「小規模な買収が多いのはなぜ?」と聞かれてNadella氏は、「Michaelが先週大型買収を成立させたから、明日自分も大きな買収をしよう、とかいう問題ではない」と笑う。

 「われわれはなにをすべきか明確なビジョンを持っている。注目しておいてほしい」とした後、買収か社内開発かとなると望ましいのは後者だと前置きした後、次のように述べた。「テクノロジ業界のあらゆる部分で役割を持っていたい。潜在的に大きな市場があり、Microsoftにしかできない貢献ができるという分野において買収を実施する可能性がある」。

 CEOになって2年目のNadella氏は、途中中断を挟んだものの32年間会社を率いているDell氏に対し、「CEOに就任後最初に連絡した人の一人。単にパートナー企業のCEOというのではなく、業界を作った人でもある」と尊敬の念を示した。

 そのNadella氏が毎日噛みしめている言葉は「大胆であれ、だが正しくあれ」だ。前任のSteve Ballmer氏が交代時に残していった言葉という。「いつもこの言葉を考えている」とNadella氏が明かすと、Dell氏は「”ひどい間違いをするな”もね」と付け加えた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]