プログラム試作でイメージ--日本IBMの新施設に見るアイデアを具体化させる方法

三浦優子 2015年10月26日 15時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは、ユーザー企業やビジネスパートナー企業向けの施設「IBM Client Experience Center」を10月20日に開設した。本社事業所の6~8階に最先端研究を紹介する「IBM Tokyo Industry Solution Lab」、顧客体験とアイデア創出などに活用する「IBM Studio」などを擁した施設としてオープンした。

 Tokyo Labをはじめ、研究開発部門が9月に本社事業所に統合。この施設を利用することで、コンサルタントや業界業種のスペシャリスト、東京基礎研究所、ソフト&システム開発研究所の研究員、エンジニアなど各専門家を交え、ワンストップで討議、アジャイル開発できる施設として、ユーザーやビジネスパートナーにアピールしていく。

松永達也氏
日本IBM 常務執行役員 成長戦略担当 松永達也氏

アイデアを次の段階に

 これまでバラバラの場所にあった施設を統合したことで、個々の施設を訪問して得られた知見を生かし、そのアイデアを形にして、実務につながる次のステップにつなげることが新施設のメリットとなる。具体的には、「問い合わせが増えているWatsonの利用をきっかけに、この施設利用が始まるのではないか。Watsonの知名度は上がったが、ではどう使うのか? を検討する企業が多い。この施設を利用し、どうWatsonを活用していくのかというアイデア、それを形にするアプローチに利用してもらえれば」(常務執行役員 成長戦略担当 松永達也氏)と狙いを説明している。新センターは、次の7つのエリアで構成されている。

  • 先進テクノロジ
    マルチ大画面を設置したセッションルームを活用し、Tokyo Industry Solution Labからの先進テクノロジの各種デモを体験しながら、研究開発エンジニアとのディスカッションできる。“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”の技術を中核にする「IoT Experienceガレージ」では、実践事例やデモを体験し、IoT技術やソリューションの専門家とのディスカッションを提供する
  • クリエイティブ&デザイン
    これまでオースティン、ロンドン、上海など世界各地で展開されてきたStudioは、IBMが自らの製品開発で確立したアプローチでグローバルに培ってきたエクスペリエンスの知見を活用し、ユーザーとともに新たな顧客体験を創出するためのセッションを実施する。「IBM MobileFirst for iOS」は、AppleとIBMが提唱する次世代モバイルソリューションをデモを通じて体験、体感し、対応アプリケーションによる業務変革を実感できる
  • ハイブリッドクラウド
    「IBM Technology Center」は会員であるパートナーの技術検証支援とIBMシステムズ・テクノロジ製品、IBMのクラウドを活用したパートナーとのソリューション開発を実施。ソリューション提案を協働するために必要なスキル習得、マーケティング活動の計画や実施を支援する
  • 先進セキュリティ
    セキュリティ監視センター(SOC)の「IBM Tokyo Security Operations Center」では、ユーザー企業にかわって24時間365日、セキュリティ機器の運用と監視を提供する。世界10カ所のセンターのひとつで、セキュリティを核としたトータルソリューションの紹介、専門家との議論を提供する
  • パートナーとの共創
    「IBM Innovation Center」は、ビジネスパートナーの効果的な販売活動や導入活動につなげるセミナー、商談、コミュニケーションの場として利用できる。ビジネス創出に活用しやすいIBMテクノロジ、ソリューションをメニュー化して研修やセッションの形式で提供する
  • セッション&展示エリア
    「IBM Solution Center」はClient Experience Centerの窓口で、ロボット「Pepper」が出迎える
  • コミュニケーションエリア
    「IBM Lounge」は来場者が歓談できるカフェ。入り口同様、Pepperも設置されている。スタートアップ企業を支援するプログラム「IBM BlueHub」の概要、パネル、ビデオコーナーも設けられている
Darth Vaderのパーソナリティを分析した
有名人分析例から。Darth Vaderのパーソナリティを分析した

 7つのエリアを活用し、IBMのユーザー企業やビジネスパートナーが、これまでのソリューション構築とは異なる、最新研究の成果、感性へのアピールという両面から、新しいビジネス作りを検討する場として開設する。

 「最新のテクノロジをTokyo Industry Solution Labで理解し、向かい側にあるStudioでディスカッション、共同開発を行ってもらう。新技術を使って体験してもらう。まさにエクスペリエンスの場となる施設として活用してもらう」(松永氏)

 このセンターで、(1)研究所などが抱えるIBMに所属する多彩な専門家の知見、(2)実践のフレームワーク「IBM Design Thinking」、(3)“ワクワクする”場所――という3つの要素から新しい成果を生み出すことを狙う。単なるアイデア出しに終わらず、アイデアを形にしたプログラムを試作することで具体的なイメージを持ちやすくすることを狙う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]