三国大洋のスクラップブック

テスラのソフトウェアアップデートとどんどん賢くなるロボットカーの集合知 - (page 5)

三国大洋 2015年11月08日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

【参照情報】

(1)Telsaのプレスリリース

(2)米媒体の伝え方(一部の記事の見出し)

(3)USA Today記事の当該部分

“The system learns over time,” Musk said. “The more people enable Autopilot, the more information is uploaded onto the network. In that sense, each driver is an expert trainer on how Autopilot should work. This can only be done as a connected vehicle.”

 Re/code記事の当該部分

Yet Musk lauded the fact that the autopilot feature enables Tesla vehicles to continuously improve at autonomy by sharing data across the fleet, similar to Google’s cars.

(4)First of all, I think that the race has just begun. And 77 cars―that’s nothing in this race. The million miles that Google has passed in terms of the driving that they’ve done sounds like a lot. But I want you think about this: there are around 10 million Toyota cars produced every year. They last around 10 years. So there’s on the order of―this isn’t a precise number, so order of magnitude―around 100 million Toyota cars in service around the globe. Each one of those on average drives around 10,000 miles per year, so you multiply that out and you come to 1 trillion miles driven by Toyota cars every single year. If you compare a million miles to a trillion miles, it’s a factor of a million. So when you think about the number of autonomous miles that have been driven by anybody so far, with their handful or few dozen cars or whatever the number is, it’s almost nothing. In fact, the trillion miles that Toyota cars drive―that’s around 10 percent of total miles driven by all cars on planet earth. So you have to keep in mind what the goal is: in this so-called race, the track is very, very long and it’s going to be very, very hard to get to the end. No matter where the different companies are right now, and how they’re positioning themselves, the fact is, we haven’t gotten very far yet at all. Most of the miles that have been tested so far have been very easy, with only a few cases where there were really close calls, which is where AI needs to perform extremely well.

(5)Telsaの生産・納車台数は、今年に入って下記のような感じで推移している(ほぼすべてがModel S)。

  • Tesla Delivers 11,580 Vehicles in Q3 of 2015
  • Tesla Delivers 11,507 Vehicles in Q2 of 2015
  • Tesla Delivers 10,030 Vehicles in Q1 of 2015

また「自動走行に必要なセンサ類などが積まれるようになったのが昨年9月から」とThe Verge記事にはあるので、ざっと4万~4万5000台くらいのModel Sでデータ収集が可能という目星がつく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]