OpenStack Summit

認定制度「COA」導入へ--「OpenStack Summit」が日本初開催

山田竜司 (編集部)

2015-10-28 21:14

 IaaS基盤を統合的に構築、管理するオープンソースソフトウェア「OpenStack」のカンファレンス「OpenStack Summit Tokyo 2015」が10月27日~30日に開催されている。日本での開催は初めて。ほとんどのセッションが英語で実施され、有料にもかかわらず、海外からも5000人以上の来場者が集う、OpenStackユーザーの一大イベントである。


OpenStack Foundation エグゼクティブ・ディレクター Jonathan Bryce氏

 基調講演では、OpenStack FoundationのエグゼクティブディレクターであるJonathan Bryce氏が先日発表のあった最新リリース「Liberty」を紹介。OpenStackの伸長と、さらなる発展のためにより多くの“才能”が必要であると述べた。

 新たな人材を獲得するために、Bryce氏は個人向けの認定制度「OpenStack認定管理者(Certified OpenStack Administrator:COA)」を発表した。COAは、OpenStackの人材育成とコミュニティーの拡大を目的とし、OpenStack認定制度のスタンダードと位置付けている。

 COAは、6カ月以上のOpenStack運用経験を持ち、OpenStackクラウドの日常的な運用管理に必要なスキルを備えた人材を指す。認定試験の管理は、バーチャル試験基盤を開発したLinux Foundationによって実施され、世界中で低価格でCOA試験を受験できるとした。試験の実施開始は2016年第2四半期中を予定し、認定プログラムの追加も計画中という。

 Openstackコミュニティーが拡大していく一方、Bryce氏は「Openstackとは何か」がややあいまいになっていると指摘した。OpenStackを「コンピュート」「ストレージ」「ネットワーク」といった“コアサービスセット”とそれ以外のオプション(ビッグデータ処理フレームワークのサポート、課金など)に構成を分けて考えることが重要と説明している。


Project Navigatorの画面

 さらに、コアプロジェクトとそれ以外を明示することで、コミュニティーの新規ユーザーに対し、自社の導入環境に必要なコンポーネントを取捨選択しやすくするサイトを発表した。

 ウェブサイト「Project Navigator」である。OpenStackを構成するコンポーネントを導入、利用するときにさまざまな尺度からコンポーネントを評価している。

 コンポーネントの採用度合い、成熟度、プロジェクトの開発期間、リリース計画、パッケージング、マニュアルサポートなど、各プロジェクトに関する情報を可視化し一覧できる。

 現在、25種類以上のクラウド関連サービスやプロジェクトがOpenStackブランドで提供されているものの、機能やサービスの成熟度を測ることが難しい状態にあったとしている。従来から提供しているOpenStack Marketplaceについても、アップデートを実施しつつ、製品の追加を継続するという。

 講演ではユーザー事例として、Lithiumやヤフー、GMOグループなどが登壇し、OpenStackの展開が拡大していることをうかがわせた。

 このほか、OpenStackの導入や、コミュニティーへの貢献度の観点で評価されたユーザーに送られるOpenStack Superuser AwardはNTTグループが、アジアパシフィック地域から初めて受賞した。


会場の様子

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]