編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
OpenStack Summit

レッドハット、「Ceph」のアドバイザリボードを設立

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-29 10:24

 Red Hatは東京都港区で開催中の「Tokyo OpenStack Summit」で、ソフトウェア定義型の分散ストレージシステム「Ceph」の戦略的方向性を決定するためのアドバイザリボードを設立したと発表した。これにより、Cephプロジェクトの全体的な方向付けは、同アドバイザリボードの手に委ねられることになるという。クラウド上でのオブジェクトストレージやブロックストレージ、ファイルシステムとして普及してきているCephのソースコードは既にオープンになっていたが、プロジェクトの戦略的方向性は今までRed Hatによって決定されていた。

 具体的には「このアドバイザリボードは、Cephプロジェクトにおけるコミュニティーへの参加やコラボレーションを拡大、強化するとともに、コミュニティー内の技術委員会やユーザー委員会と密接に連携していくことを目標にしている」という。

 同アドバイザリボードにはRed Hatのほか、Canonicalや欧州原子核研究機構(CERN)、Cisco Systems、富士通、Intel、SanDisk、SUSEからのメンバーが含まれている。つまり、CephはRed Hatだけのプロジェクトではなくなったというわけだ。

 同アドバイザリボードでは、Cephプロジェクトにおける幅広い問題を扱うことになる。その目標はCephをクラウドストレージシステムとして決定的なものにすることだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]