編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら
日本株展望

米FOMC結果--10月も利上げなし、12月利上げに含み

ZDNet Japan Staff

2015-10-29 11:32

 日本時間で10月29日の3時に、10月の米FOMC(金融政策決定会合)の結果が発表された。事前の予想通り、利上げは見送られた。ただし、FOMC声明文を読むと、年内の利上げ実施に、含みを持たせた表現が盛り込まれている。

 今年のFOMCは、12月15、16日に開催されるものが最後になる。12月に利上げが実施される可能性を残したままとなった。

FOMC結果は事前予想通り

 利上げ見送り自体は、市場予想通りで、サプライズ(驚き)はない。市場が注目していたのは、その後の声明文だ。2つの可能性があった。

(1)世界景気減速や金融市場の混乱に強い懸念を示し、米景気にも減速の兆しがあるという判断を示すケース

 その場合、金融市場では「米FRB(中央銀行)は年内利上げが難しいと考えている」という解釈が広がる。

(2)世界景気の減速は深刻ではなく、世界の金融市場も落ち着きつつあるという解釈を述べるケース

 その場合、金融市場では「米FRBは12月利上げを示唆している」と判断される。

 今回の声明文は、上記の(2)だった。世界の金融市場が混乱していることに配慮し、10月の利上げは見送ったが、金融市場の混乱は徐々に収束しつつあり、12月には利上げを実施できる環境になる可能性が高いという考えが盛り込まれた。

FOMC結果を受けた株・為替の動き

 ややタカ派(利上げに積極的)ととれる米FOMC声明文を受け、12月に利上げが実施されるとの思惑が広がり、為替はややドル高(円安)に動いた。今朝5時20分時点で、1ドル121.02円と、前日比で1円弱、円安方向に動いた。

 NYダウは、前日比198ドル高の1万7779ドルと上昇した。米景気は、「10月に利上げしなければならないほど強くはないが、12月の利上げが難しくなるほど弱くもない」。

 つまり、強すぎず弱すぎず、株式市場にとって、居心地の良い景況となっている。円安とNYダウの上昇を受け、28日のCME日経平均先物は1万9180円まで上昇している。今日の日経平均は、再び1万9000円台に乗せる可能性がある。

発表中の9月中間決算はまちまち

 全体として好調な業績発表が続いている。ただし、事前予想通り、中国経済悪化の影響を受ける「中国関連株」には、業績予想を下方修正する銘柄が増えている。

今週は、注目材料の発表がまだ続く

 今朝8時50分に、日本では9月の鉱工業生産指数が発表される。7、8月と2カ月続けて前月比マイナスで、生産に停滞色が強まっている。9月もマイナスが続くと考えられている。

 今日NYでは、7~9月期のGDP速報値が発表される。「強すぎず、弱すぎない」米景気の現状を示すと考えられている。

 明日(10月30日)の注目材料は、なんといっても、日銀の金融政策決定会合だ。「日銀」との声が増えていたため、政策変更なしでも、大きなサプライズ(驚き)にはならない。たとえ小規模でも、なんらかの追加緩和を実施すれば、日本株に好影響を及ぼすと考えられる。

 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]