松岡功の「今週の明言」

ガートナーが説く「デジタルビジネス」の勘所 - (page 2)

松岡功 2015年10月30日 17時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 つまりは、アルゴリズムこそが企業にとって競争力の源泉になるということか。Gartnerが提唱する「アルゴリズム・ビジネス」に注目しておきたい。

「FinTechを皮切りに今後xTechの動きが活発化する」
(日本IBM 小池裕幸 執行役員)


日本IBMの小池裕幸 執行役員

 日本IBMが先ごろ、ITを活用した新たな金融サービス「FinTech」推進の一環として、「地方銀行向けBluemixコンソーシアム」を設立したと発表した。同社執行役員でクラウド事業を統括する小池氏の冒頭の発言はその発表会見で、FinTechのような動きが今後、他の業界へも広がっていくという見通しを語ったものである。

 今回のFinTech推進に向けたコンソーシアムは、地方銀行やアプリケーション開発パートナーの会員を対象に、PaaS型クラウドサービス「IBM Bluemix」をはじめとする最新技術やアジャイル開発手法などの定期的な情報交換や研修と、地方銀行が求めるセキュリティ要件を満たした金融機関専用のPaaS「Bluemix Dedicated」を提供するというものだ。

 さらに詳しい内容については関連記事を参照いただくとして、ここでは小池氏が話題に上げたxTechの動きに注目したい。


FinTechを皮切りに今後さまざまな業界でxTechを推進する動きが活発に

 同氏は図を示しながら、「FinTechを皮切りに今後はさまざまな業界でxTechを推進する動きが活発化し、新しいクラウド技術を利用して新たなビジネスモデルが展開されるようになり、それぞれの業界で破壊的なイノベーションが進められていくだろう。IBMはそうした動きに対し、APIエコノミーとそれを支えるエコシステムを形成して強力に支援していきたい」と力を込めて語った。

 図中にもあるように、今後は広告向けの「AdTech」や教育向けの「EdTech」、スポーツ向けの「SportTech」、ヘルスケア向けの「HealthTech」というように、業界ごとのxTechの動きが広がっていきそうだ。FinTech企業といわれるような「とがった技術」を持つベンチャー企業にとっても大きなビジネスチャンスになりそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算