日本株展望

鉄鋼大手が業績下方修正を発表

ZDNet Japan Staff 2015年10月30日 11時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月29日に新日鐵住金(5401)とJFE HLDG(5411)が、9月中間決算を発表するとともに、今期(2016年3月期)の業績予想を下方修正した。アナリストのコンセンサス予想を大幅に下回る利益水準に落ち込む予想を出してきており、本日、両社の株価は下落する可能性が高いと考えられる。楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏が解説する。

新日鐵住金(5401)が発表した上期実績と通期業績予想の修正

上半期(2015年4~9月)実績


(出所:同社決算短信)

 売上高は、7月29日時点の会社予想通りに着地したが、連結経常利益が、会社予想を大きく下ブレた。

通期(2016年3月期)の業績予想


(出所:会社予想は新日鐵住金、市場予想は10月28日時点のIFISコンセンサス予想、
観測記事は10月21日の日本経済新聞朝刊)

 新日鐵住金(5401)が発表した今期経常利益の修正予想は前年比マイナス45%の2500億円で、事前の市場予想や観測記事の予想をさらに下回るものだった。したがって、今回の修正予想はネガティブサプライズ(低すぎて驚き)と取られる可能性がある。

利益の実態は数字に表れているほど、悪化していないと考えられる。

 今期、新日鐵住金(5401)の鉄鋼事業利益が大きく落ち込む理由を、同社の決算説明会を聞いた上で、窪田氏が整理した。細かい要因は割愛し、大きな要因だけ挙げると、3つあるという。

(1)鉄鋼国際市況の下落

 中国が国内で大量に余った鉄鋼製品を処分するために安値で輸出ドライブをかけた。その影響で、鉄鋼の国際市況が予想以上に大きく下がった。このため日本メーカーは輸出採算が悪化した。

 ただし、安値の中国品は日本へはほとんど入ってこないので、国内の鉄鋼市況は、国際市況ほどは下がっていない。

 なお、中国メーカーもほとんどが赤字になる水準まで汎用品の市況は下がっており、このままでは来年にかけて中国メーカーからもかなり破綻が出ると考えられる。もしそうなると、生産に歯止めがかかり、鉄鋼市況の反発につながる。

(2)在庫評価損の影響

 鉄鋼石や石炭などの原料価格も予想以上に大きく下がった。これは、業績を押し上げる要因だ。ところが、今期は価格下落前の高値で仕入れた原料在庫が残っているために、計算上、在庫評価損(キャリーオーバー)が発生する。そのため、今期は原料安メリットがフルには出ない。

 会社側の説明によると、キャリーオーバーの影響がなければ上半期の経常利益は前年比マイナス9%の1608億円となっていた模様だ。通期の経常利益も、在庫評価損の影響を除けば、前年比毎朝32%の3060億円となる見込みだ。

 在庫評価損は、原料価格の下げがあまりに急だったために一時的に発生するもので、来期以降、原料価格が落ち着けば発生しなくなる。

(3)国内で自動車生産の回復が遅れていた影響

 自動車生産の回復が遅れ、国内の薄板3品の在庫水準が高くなったため、高炉各社は上半期、減産を実施した。その影響で、上半期の業績が計画を下ぶれた。下半期は、国内の自動車生産は増加に向かい、公共投資も増えると考えられるので、徐々に生産を通常水準に戻すことができると予想される。

 今期は、(2)の在庫評価損を含め、一時的な要因で利益がかなり落ち込む。一時的要因を除けば、実態利益の落ち込み幅は縮小する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算