OpenStack Summit

「OpenStackはSDNのデファクトスタンダードに」-- OpenStack Foundation COO

羽野三千世 (編集部) 2015年11月02日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OpenStack Foundation 最高執行責任者(COO)Mark Collier氏

 オープンソースのIaaS構築基盤ソフトウェア「OpenStack」に関する国際会議「OpenStack Summit Tokyo 2015」が、10月27日~30日に東京・品川で開催された。2日目の基調講演では、サミットを主催するOpenStack Foundation 最高執行責任者(COO)のMark Collier氏が、OpenStackコンポーネントの全体像を説明した。

 OpenStack Foundationは今回のサミットで、複数コンポーネントで構成されるOpenStackの「コア」に位置付けるものを再定義。各コンポーネントを(1)OpenStackの中核をなす「コア」、(2)コアにぶら下がる「Big Tent」――に分類した。

 コアには、「Nova(コンピュート)」「Neutron(ネットワーキング)」「Glance(イメージ管理)」「Keystone(認証)」「Cinder(ブロックストレージ)」「Swift(オブジェクトストレージ)」の6つが含まれる。

 COREを取り囲むBig Tentとして、「Heat(オーケストレーション)」「Sahara(データプロセッシング)」「Congress(ガバナンス)」「Magnum(コンテナ)」「Ceilometer(メータリング)」「Ironic(ベアメタルプロビジョニング)」「Murano(アプリケーションカタログ)」「Horizon(ダッシュボード)」「Minstral(ワークフロー)」「Trove(データベース)」のコンポーネントが位置づけられる。


OpenStackコンポーネントのコアとBig Tent

 「われわれは、COREに位置づけた6コンポーネントにフォーカスして、安定性、信頼性、アップグレードの容易性、スケーラビリティの向上につとめている。この取り組みにより、COREとそれを取り巻くBig Tent全体の利用を拡大していきたい」(Collier氏)

Libertyで最も開発投資をしたのは「Neutron」

 Collier氏は、10月15日にリリースしたOpenStackの最新バージョン「Liberty」で、最も多くの企業が投資し、最も活発に開発されたコンポーネントは「Neutron」だったと説明した。「ユーザーアンケートの結果、すべてのOpenStackプロジェクトのうちNeutronを使っている割合は、2014年は68%だった。これが2015年には89%まで急拡大した」とCollier氏。

 その背景には、SDN市場の成長がある。Neutronは、LBaaS(Load Balancer as a Service)、 VPNaaS(VPN as a Service)、FWaaS(Fire Wall as a Service)、テナント分割、分散ルーティングなどのネットワーク機能を提供するほか、プラグインを通じてSDNコントローラなどの外部ネットワーク製品と連携する。

 「SDN市場は、サーバ仮想化市場の2倍のスピードで成長しており、マーケットの規模は100億ドルに近づいている。ネットワークベンダーは皆この100億ドル市場を狙っているわけだが、ネットワークベンダーのトップ5がSDNのコアに“OpenStack”を選んでいる。OpenStackはSDNのデファクトスタンダードだ」(Collier氏)

NTTレゾナントがNuetron導入事例を紹介


NTTレゾナント 取締役取締役 西山敏雄氏

 Neutronをプロダクト環境で使っている国内ユーザー企業として、NTTレゾナント 取締役取締役の西山敏雄氏が登壇した。同社は2014年4月に、ポータルサイト「goo」のサービス提供基盤にOpenStack Icehouseを試験導入。2014年10月から本番環境での運用を開始した。現在は、OpenStackベースのプライベートクライドで1800台以上の仮想マシンが稼働する。

 「プラットフォームの安定性と、将来のアップデートの際の利便性を優先し、自社でコンポーネントに多くの修正を加えないというのが導入のポリシー。そのため、RDO(Red HatのOpenStackユーザー支援コミュニティ)が提供するパッケージを使用している。Neutronも、その中のコンポーネントの1つとしてネットワークコントロールに使っている」(西山氏)

 同社は今年度、OpenStackのバージョンをIcehouseから次期「Mitaka」へアップデートする計画だ。このシステム改修に合わせて、現在使っているハードウェアのロードバランサをNuetronへ移行する予定だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算