編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
OpenStack Summit

「OpenStackはSDNのデファクトスタンダードに」-- OpenStack Foundation COO

羽野三千世 (編集部)

2015-11-02 07:00


OpenStack Foundation 最高執行責任者(COO)Mark Collier氏

 オープンソースのIaaS構築基盤ソフトウェア「OpenStack」に関する国際会議「OpenStack Summit Tokyo 2015」が、10月27日~30日に東京・品川で開催された。2日目の基調講演では、サミットを主催するOpenStack Foundation 最高執行責任者(COO)のMark Collier氏が、OpenStackコンポーネントの全体像を説明した。

 OpenStack Foundationは今回のサミットで、複数コンポーネントで構成されるOpenStackの「コア」に位置付けるものを再定義。各コンポーネントを(1)OpenStackの中核をなす「コア」、(2)コアにぶら下がる「Big Tent」――に分類した。

 コアには、「Nova(コンピュート)」「Neutron(ネットワーキング)」「Glance(イメージ管理)」「Keystone(認証)」「Cinder(ブロックストレージ)」「Swift(オブジェクトストレージ)」の6つが含まれる。

 COREを取り囲むBig Tentとして、「Heat(オーケストレーション)」「Sahara(データプロセッシング)」「Congress(ガバナンス)」「Magnum(コンテナ)」「Ceilometer(メータリング)」「Ironic(ベアメタルプロビジョニング)」「Murano(アプリケーションカタログ)」「Horizon(ダッシュボード)」「Minstral(ワークフロー)」「Trove(データベース)」のコンポーネントが位置づけられる。


OpenStackコンポーネントのコアとBig Tent

 「われわれは、COREに位置づけた6コンポーネントにフォーカスして、安定性、信頼性、アップグレードの容易性、スケーラビリティの向上につとめている。この取り組みにより、COREとそれを取り巻くBig Tent全体の利用を拡大していきたい」(Collier氏)

Libertyで最も開発投資をしたのは「Neutron」

 Collier氏は、10月15日にリリースしたOpenStackの最新バージョン「Liberty」で、最も多くの企業が投資し、最も活発に開発されたコンポーネントは「Neutron」だったと説明した。「ユーザーアンケートの結果、すべてのOpenStackプロジェクトのうちNeutronを使っている割合は、2014年は68%だった。これが2015年には89%まで急拡大した」とCollier氏。

 その背景には、SDN市場の成長がある。Neutronは、LBaaS(Load Balancer as a Service)、 VPNaaS(VPN as a Service)、FWaaS(Fire Wall as a Service)、テナント分割、分散ルーティングなどのネットワーク機能を提供するほか、プラグインを通じてSDNコントローラなどの外部ネットワーク製品と連携する。

 「SDN市場は、サーバ仮想化市場の2倍のスピードで成長しており、マーケットの規模は100億ドルに近づいている。ネットワークベンダーは皆この100億ドル市場を狙っているわけだが、ネットワークベンダーのトップ5がSDNのコアに“OpenStack”を選んでいる。OpenStackはSDNのデファクトスタンダードだ」(Collier氏)

NTTレゾナントがNuetron導入事例を紹介


NTTレゾナント 取締役取締役 西山敏雄氏

 Neutronをプロダクト環境で使っている国内ユーザー企業として、NTTレゾナント 取締役取締役の西山敏雄氏が登壇した。同社は2014年4月に、ポータルサイト「goo」のサービス提供基盤にOpenStack Icehouseを試験導入。2014年10月から本番環境での運用を開始した。現在は、OpenStackベースのプライベートクライドで1800台以上の仮想マシンが稼働する。

 「プラットフォームの安定性と、将来のアップデートの際の利便性を優先し、自社でコンポーネントに多くの修正を加えないというのが導入のポリシー。そのため、RDO(Red HatのOpenStackユーザー支援コミュニティ)が提供するパッケージを使用している。Neutronも、その中のコンポーネントの1つとしてネットワークコントロールに使っている」(西山氏)

 同社は今年度、OpenStackのバージョンをIcehouseから次期「Mitaka」へアップデートする計画だ。このシステム改修に合わせて、現在使っているハードウェアのロードバランサをNuetronへ移行する予定だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]