「ビッグデータそのものに価値はない、大切なのはアルゴリズム」とガートナー

Aimee Chanthadavong  (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年11月02日 10時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビッグデータは過去のものであり、大切なのはアルゴリズムだ--Gartner ResearchのシニアバイスプレジデントPeter Sondergaard氏の見解だ。

 Sondergaard氏は米国時間10月27日、「Gartner Symposium ITxpo 2015」でデジタル面での成長を支援する鍵を握るものはアルゴリズムだと述べた。

 「ビッグデータそのものに価値はない。もちろん、データは必要だ。しかし、一時的なものだ。データそのものは変化をもたらさない。企業はITをデータ収集部門と見ているかもしれないが、誰だってデータを集めることができる時代だ。誰だってデータを保持できるし、データ分析のために専門家を雇うことができる--データの量がどんなに大きくても、だ」とSondergaard氏。

 「データは使う側がどう使うか、その上でなにをするかを知らなければ、なにもしてくれない。本当の価値があるのはアルゴリズムであり、アルゴリズムがアクションを定義するのだ」と続けている。

 GartnerはオーストラリアのIT支出は2016年、前年比2.8%増の800億豪ドル近くに達すると予想している。ニュージーランドは前年比2%増の117億ドルになる見通しだ。

 世界レベルでのIoTの支出は2016年、毎分250万ドル以上になり、5年後には毎時間100万台の新しいデバイスがインターネットに接続されると予想している。

 「アルゴリズムの経済がIoT分野におけるマシン間通信の進化で大きな飛躍を加速させる」とSondergaard氏はいう。

 Sondergaard氏によると、企業がアルゴリズムを活用するためには、既存のアナログビジネスと並行してデジタルビジネスを展開する必要があるという。これをGartnerは「2つのモード(bimodal)をもつビジネス」戦略としている。アナログでの売り上げが横ばいとなる中、これは企業にとって重要な戦略になるとSondergaard氏は見る。インテリジェントなアルゴリズムが、企業が持つデータの上でとるべきアクションを決定するのを支援してくれるからだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算