需要予測分析でタクシー待ちをゼロに--UberのCEOが語る“夢物語”と“現実味” - (page 2)

鈴木恭子 2015年11月03日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、Kalanick氏の主張を鵜呑みにした聴衆はほぼゼロだろう。Uberはタクシー業界のイノベーターとして注目されていると同時に、ビジネスの進め方には批判も少なくない。

 最近、同社は立て続けに契約運転手から訴訟を起こされている。Uberの運転手は、従業員ではなく請負契約業者扱いだ。そのため、保険や社会保障は一切適用されない。その一方で、顧客がドライバーを評価する「ランキング」のレートが一定以下になったり180日間連続でUberのドライバーとして働かない場合は、契約を一方的に解除(アプリの失効)されたりという“制裁”がある。

 既存のタクシー業界からは「タクシードライバーの雇用を奪う」といった反発も上がっている。そもそも、Uberのビジネスモデルそのものが、法律に抵触する国もある。さらに、Uberの企業倫理を疑問視する声も挙がっている。

 2014年11月には同社幹部が、同社に批判的なジャーナリストに対し、「個人のプライバシーを暴露する」と暴言を吐いたと報じられた。実際、Uberの個人情報管理は徹底されておらず、Uber社員が顧客の個人データにアクセスできる状態だったという。

 今回のトークセッションではKalanick氏がこうした批判に答えることはなかった。唯一、「Uberの普及で既存のドライバーの雇用が失われる可能性あるのか?」というBenioff氏からの問いに「新たな技術と革新的なサービスが浸透する段階においては、常に課題が発生する。しかし、長期的視点で見れば、新しい技術やサービス、思考を受け入れるための必要な通過点だ」と述べるにとどめた。

Uberは東京と福岡でもサービスを提供している。ただし、UberPOOLにあたる「みんなのUber」は国土交通省が「道路運送法に抵触する可能性がある」と指導し、中止された
Uberは東京と福岡でもサービスを提供している。ただし、UberPOOLにあたる「みんなのUber」は国土交通省が「道路運送法に抵触する可能性がある」と指導し、中止された
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化