ハリウッド女優とYouTube CEOが語る「育児とイノベーションと私」

鈴木恭子 2015年11月04日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 子どもが生まれると男性の年収は6%アップするが、女性の年収は4%ダウンする。ほとんどの女性は有給の出産休暇を取得できず、出産後10日で仕事に復帰する――。

 日本と比較し、女性の社会進出が進んでいると考えられている米国でも、出産や育児は女性のキャリア形成の足かせとなっているようだ。スイスの非営利組織(NPO)であるWorld Economic Forum(WEF)が2014年に発表した「男女平等度ランキング」によると、社会進出や政治参加などにおける男女間の平等度で、米国は142カ国中20位。ちなみに日本は104位だ。

 もちろん、各企業もこうした状況を改善しようとさまざまな施策を打ち出している。Salesforce.comも例外ではない。同社は管理職ポストに積極的に女性を起用するなど“ダイバーシティ(多様性)”企業としてのプレゼンスを確立しつつある。

 9月15日から4日間、カリフォルニア州サンフランシスコのモスコーニセンターで開催された同社の年次プライベートコンファレンス「Dreamforce 2015」でも女性の起業や働き方、ライフスタイルに焦点を当てたセッションが複数用意された。

 一番の人気だったのは、映画女優で起業家のJessica Alba氏とYouTubeで最高経営責任者(CEO)を務めるSusan Wojcicki氏をゲストに迎えた「Women's Innovation Panel」だ。Alba氏はハリウッド女優であると同時に、天然素材のベビーケアやボディケア用品を販売するThe Honest Companyの創業者でもある。CBSの名物司会者であるGayle King氏が司会進行を務めた同セッションは、開始1時間前には満席になるなど注目度の高さが伺えた。


女性実業家を招いた「Women's Innovation Panel」。セッション開始1時間前からプレスシートはほぼ満席。ハリウッド女優で天然素材のベビーケアやボディケア用品を販売する「The Honest Company」の創業者でもあるJessica Alba氏(右)とYouTubeでCEOを務めるSusan Wojcicki氏(中央)が登壇。CBSの名物司会者Gayle King氏(左)が司会を務めた

「安全なベビー用品が欲しい。ないなら作ればいい」Alba氏

 1981年生まれのAlba氏は、13歳で映画デビュー。以降、20本以上のハリウッド映画に出演している。そんなAlba氏がなぜ起業しようと思ったのか。きっかけは、妊娠中に発症した化学薬品のアレルギーだったという。

Alba氏は2012年、Fortune誌が選定した「最も影響力のある起業家10人」にも選出されている
Alba氏は2012年、Fortune誌が選定した「最も影響力のある起業家10人」にも選出されている

 「妊娠中、自分の母親に勧められた洗剤でアレルギーになりました。その洗剤についてGoogleで検索すると、人体に有害である疑いの物質が含まれていたのです。これから母親になる身として有害なものを子どもに使わせたくないと考えるのは当然のこと。信用できる製品を探したけど、満足できるブランドに出会うことはできませんでした。それであれば、自分で作ってしまおうと考えたのです」(Alba氏)

 一般的に女性の起業は「直感的」だと言われる。いくら儲かるか、新技術を利用してどんな新規ビジネスが成立するかを緻密に考えるよりも、「目の前にある課題を解決したい。その手段がないなら自分で作ればいい」との思いから始めるケースが多い。

 Alba氏もそのケースだったが、起業までの道のりは決して平坦ではなかった。ハリウッドでは「儲けたいなら香水のライセンス販売程度にしておけ」と相手にされなかったという。Alba氏は「完全に見下されていました。“ビキニ姿で映画に出ている小娘”程度にしか思われていなかったのでしょう。『(Albaの)名前を冠したビキニでも出した方が成功する』とまで言われました」と当時を振り返る。

 その後、Alba氏は投資家でありシリアルアントレプレナーのBrian Lee氏と出会う。数多くのスタートアップ企業を支援しているLee氏は、Alba氏のビジネスプランを厳しく、しかし親身になってサポートしてくれたという。

 「ビジネスのプロから見れば、私のビジネスプランは穴だらけでしたが、起業理念には賛同してくれました。なぜならLee氏も小さな子どもを持つ親であり、『安全なモノを与えたい』という気持ちを持っていたからです」(Alba氏)

 今、Alba氏は2人の娘がいる母親だ。「3人目の子ども」(Alba氏)である会社は、10億ドル規模に成長している。

The Honest Companyのサイト。残念ながら日本では事業を展開しておらず、第三者を通じての購入のみとなっている
The Honest Companyのサイト。残念ながら日本では事業を展開しておらず、第三者を通じての購入のみとなっている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算