編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

デルのEMC買収とその戦利品「ヴイエムウェア」の意味

Ken Hess (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-11-06 06:00

 HPの最高経営責任者(CEO)Meg Whitman氏を始めとする多くの人が、DellとEMCが製品やサービスに統合するにあたって、混乱が生じると予想している。中には、DellがVMwareを破滅させるとまで言う人もいる。筆者はDellがVMwareを破滅させるとは思わないし、Dellが自社の目的のために、VMwareの利益すべてをつぎ込むとも考えていない。また、DellがVMwareの親会社になったことで、Microsoftの「Hyper-V」に移行する人が多いとも思わない。筆者は、VMwareがこれまでと同じ独立した会社として、独自のリーダーシップの下に、今後も存続するという印象を強く持っている。

 Meg Whitman氏は従業員宛のメッセージで、「第4に、この取り組みは2つの異なるプログラムとアプローチをまとめようとするものであり、販売チャネルには混乱が生じるだろう」と述べている。しかし、「混乱の中に勝機もあり」という言葉もある。

 この買収計画でどのような混乱が起きるとしても、事業の継続性は損なわれないだろう。今うまくいっている業務のやり方を、わざわざ変更する必要はないのだ。VMwareは、まだ間違った判断をしていない。筆者は、VMware経営陣の過去の判断すべてに賛成するわけではないが、同社に財務的な問題があるわけでもない。同社は市場で最高の、もっとも厚く支持される仮想化製品を持っている。

 Dellは成功しているVMwareのやり方を、あえて変えようとするだろうか?

 端的に言えば、答えはノーだ。

 EMC買収においては、VMwareはDellにとって副次的なボーナスにあたる。それも、同社が誇りに思うようなものだ。

 EMCは、Dellと同じく巨大なエコシステムを構築してきた企業であり、1996年の創設以来、ストレージ、ストレージ管理、仮想化、サービス、セキュリティ、コンテンツ管理などの分野で、70社前後におよぶ企業を買収してきた。

 Dellが持つハードウェア、ソフトウェア、サービスのラインアップは、IBMと同じ土俵で対抗できる水準まで成長している。また、顧客にとっては事業の継続性がもっとも重要な問題であるはずだ。筆者の知る限りでは、Dellは決して焼き畑農業式の会社でも、唐突に製品をすげ替えてしまうような会社でもない。

 Whitman氏は、ほかにもこんな発言をしている。「第3に、2つの製品ラインを1つにまとめるには、相当な製品の合理化が必要となるが、このことは同社のビジネスにとって破壊的であり、顧客に混乱をもたらす。顧客は今使っている両社の製品が、18カ月後にサポートされているか分からない状態に陥る」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]