iOSを狙う「XcodeGhost」の被害、米国の大企業に飛び火--セキュリティ企業が報告

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 編集部 2015年11月05日 10時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マルウェア「XcodeGhost」の新たな変種が出回り、今度は中国だけでなく米国の企業を攻撃していることがわかった。

 セキュリティ研究者が、正規のApple「iOS」アプリケーションに感染する能力を持ったマルウェアを発見したのは2015年9月のことだった。この悪質なコードはXcodeGhostと呼ばれるもので、中国市場向けに提供されている少なくとも4000種類の正規のiOSアプリに仕込まれていた。

 このマルウェアは、Appleのエコシステム向けソフトウェアの開発に使用される開発者向けツールキット「Xcode」を介して、アプリを乗っ取ることができる。Appleのドメインではなく、サードパーティーのサイトにホスティングされているXcodeパッケージにこの悪質なコードを追加することで、サイバー犯罪者はAppleの厳しいセキュリティプロトコルをすり抜けていた。

 Appleは即座にこの脅威に対応し、悪質なコードを含むアプリをiOSの「App Store」から削除するとともに、セキュリティ機能を改善した。

 だが、このマルウェアは依然として猛威を振るっているようだ。

 米国時間11月3日に、このマルウェアの新たな変種が発見された。Symantecの研究者によると、この変種は「Xcode 7」の非公式版で見つかったという。このiOS向け開発キットがダウンロードできるのは、本来であればAppleのApp Storeか開発者向けサイトのみのはずだ。しかしXcodeは4Gバイトとサイズが大きいため、一部の開発者はより高速でダウンロードしようと自国にあるサードパーティーのサイトからXcodeを入手しており、サイバー犯罪者にこの状況につけ込む隙を与えている。

 サイバーフォレンジック企業のFireEyeは、XcodeGhostによってもたらされる脅威の監視を以前から行っているが、同社によれば、現在このマルウェアは中国市場を超え、米国の大企業に侵入しているという。同社が4週間にわたってこのマルウェアを監視したところ、210の大企業でXcodeGhostに感染したアプリが社内ネットワークで実行されており、このマルウェアのCommand and Control(C&C)サーバへの接続が2万8000回以上にわたって試みられたとのことだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算