編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

グーグル、「Android for Work」の機能強化やプログラムなど説明

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-11-05 13:17

 Googleが「Android for Work」の機能強化やサービスについて明らかにした。成長過程にあるAndroid for Workの最新アップデートは、先日リリースされた「Android 6.0 Marshmallow」に応じた機能強化も施される。Android for Workは企業向けのモバイル管理用プラットフォームで、2015年2月に初めて発表された。Android for Workはセキュリティ機能や柔軟性を備え、IT部門による高度な管理にも対応している。Googleによると、Android for Workは、すでに1万9000に及ぶ組織でテストや導入が行われているという。

 モバイル端末メーカーやAndroid関連企業の多くは、「Samsung KNOX」などのBYOD(Bring Your Own Device)プラットフォームを導入しているが、Googleは、状態通知や連絡先の統合といった機能のほか、端末のNFCによる新規ユーザーのプロビジョニングをサポートするなど、BYOD対応を強化している。

 GoogleのAndroid for Work担当プロダクトマネジメントディレクターであるAndrew Toy氏によると、Android for Workでは、キオスクやATMなどの単一用途に特化したMarshmallow用の新APIも提供する予定だという。

 こうした機能強化に加え、GoogleはAndroid for Workに企業を積極誘致するため、本番環境にエンタープライズモバイル管理サービスとAndroid for Workを導入する最大3000社に「Nexus 5X」を提供するというプログラムも計画している。

 一方、Googleはエンドユーザー向け生産性アプリの基盤強化にも力を入れている。同社は米国時間10月3日、「Gmail」「Googleカレンダー」「Googleドライブ」などのGoogleサービスと統合可能な、推奨サードパーティー製アプリのリストを公開した。このリストには、シングルサインオンプロバイダーの「Okta」や「Ping Identity」、CRMプラットフォームの「ProsperWorks」、クラウド電話システムの「Ringcentral」などが推奨アプリとして掲載されている。

 Googleが受信トレイの再発明であるとしている「Inbox」も間もなくアップデートされ、「Smart Reply」という新機能が搭載される。Smart Replyは、機械学習や自然言語認識の技術を応用し、受信メールの内容に合わせて返信文の候補を自動的に提示する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]