編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

マイケル・デル氏が語る、670億ドルのEMC買収やその将来像 - (page 2)

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-11-10 06:15

 また同氏は以下のようにも述べた。

 「多くの企業は、PCとサーバであるか、あるいはサーバとストレージであるかにかかわらず、1社からまとめて製品を購入したいと考えている」

 「どのアプローチが優れているかについてはさまざまな意見がある。時が経てば分かるとはいえ、われわれは勝利に向けたアプローチを選択していると考え、満足している」

 新たなビジネスでは、ハードウェア製品に加えて、EMCが所有するRSAの製品やDellの「SecureWorks」によるセキュリティ関連製品の販売とともに、EMCやPivotal(VMwareからスピンアウトした企業)を通じたビッグデータ関連のソフトウェアやサービスの販売に重点を置くことになる。

クラウド分野の主役になる

 今回の買収における最も重要な側面はおそらく、仮想化分野の大手企業であり、株式公開企業として存続し続けるVMwareの企業支配権をDellが手に入れるところにある。新生DellはEMCのハードウェア関連ポートフォリオを武器にするとともに、企業が購入したいと考える数多くのクラウド構築コンポーネントを販売できるようになる。

 ただ、企業がパブリッククラウドへの緩やかな移行を選択し、自社インフラの構築を図ろうとする流れが今後どのくらい続くのかは分からない。DellはEMCを買収した後、Amazon Web Services(AWS)やGoogle、Microsoftといった大手パブリッククラウド企業と競合することになる。これらのパブリッククラウド企業は主に、Hewlett-Packard(HP)やEMCといった従来からあるエンタープライズ向けOEMメーカーからではなく、低価格のホワイトボックスサーバ製品を開発しているメーカーからハードウェアを調達し、自社でカスタムソフトウェアやサポートを用意してクラウドプラットフォームを構築している。Credit Suisseの試算では、AWSの売上高が1ドル増加するたびに、既存ITベンダーの売上高が4ドル減少しているという。

 大手クラウド企業はホワイトボックスサーバ製品を好んでいるという現状があるにもかかわらず、Dell氏は「われわれは、かなりの台数をサービスプロバイダーに販売している」と述べたうえで、Dellはパブリッククラウドとプライベートクラウドをミックスしたプラットフォームを企業に提供するところに機会を見出したと付け加えた。

 Dell氏は「われわれはハイブリッドクラウドに大きな可能性を見出している」と述べ、プライベートクラウドのハードウェア内に実装される「コンバージドインフラ関連ソフトウェア」によって、「パブリッククラウドの多くのメリットがオンプレミスのデータセンターにもたらされつつある」とし、「VMwareはこういった流れのなかで良い位置につけている」と付け加えた。

期待に届かない投資効果

 EMCの買収により、Dellは未知の領域に踏み込むことになる。Dellは利幅の小さいサーバを販売してきている一方、EMCは利幅の大きなストレージ製品を、可用性やパフォーマンス、サポートの確実性を求める企業に提供することに特化している。

 とは言うものの、合併後の企業はDellとEMCが直面していたそれぞれの壁をどのように乗り越えようとしているのかという疑問がある。EMCは、主力の企業向けストレージ製品群で期待通りの販売実績を残せておらず、同社の「EMC Atmos」やPivotalによるクラウド分野での市場拡大の試みも、アナリストらが期待する250億ドルという売上高の達成に向けた原動力として十分ではない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]