編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

若手エンジニアの転職が止まらない理由とは--35歳定年説にとらわれる若者の決断 - (page 3)

野本纏花

2016-02-28 07:00

企業は若手エンジニアの転職をどう捉えているのか

——企業では人材獲得の手段として、「新卒採用・中途採用・外部委託」の3つをどのように使い分けていらっしゃいますか?

 最近は新卒でも即戦力を求める風潮があると思います。大量に採用する大手企業ならば育成カリキュラムが整っているので、未経験でも採用するケースがあるにはあるのですが。IT系はまだまだ歴史が浅いので、名の通ったベンチャー企業でも、即戦力になる新卒の採用を希望されているケースは、散見されます。

 中途はやはり即戦力であるかどうかです。自社にない経験やスキルを持ち込んでもらって、会社自体を底上げしたいというニーズもあります。前任者の異動や転職による穴を埋めたいときだけでなく、会社を大きくしていくフェーズで、伸びているサービスに人を投入してドライブをかけたいときにも使われます。

 外部委託が使われるのは、スポットで開発ボリュームが大きくなる瞬間ですね。サービスのリリース前は人がたくさん必要だけど、運用フェーズになると、そこまでいらなくなるといった場合などがあてはまります。その代わり、外部委託すると社内にノウハウがたまらないので、長期的なことを考えれば中途採用の方が望ましいとおっしゃる企業は多いです。

——若手の転職回数に対して、企業側ではどんな印象をお持ちですか?

 営業職に比べると、エンジニアは採りづらいという現状があるので、転職回数に対するハードルは低くなっているところもあるにはありますが、企業によりけりですね。長く存続している企業であれば「転職回数の多い人は離職率も高いから避けたい」と、かなり気にされます。

 逆に、ベンチャーだとそんなことは言っていられないので、間口を広げるために、とりあえず会おうと言ってもらえたり。極端な話、転職回数を気にしないどころか、GitHubのソースコードだけで面接不要という企業まであったりします。

——転職回数が多くても評価されるエンジニアとは、どんな方ですか?

 まだ市場に少ないアプリのエンジニアで、自分でサービスを作ったりしている意欲的な方は、人気がありますね。あとは、過去の転職にまっとうな理由のある方、例えば過去一緒にお仕事をしていた方に紹介を受けたり、業績不振の会社都合で転職せざるを得なかったりするケースなら、マイナスと映りにくいです。反対に、「上司とウマが合わない」「仕事がつまらない」といった安易な理由で転職してきた方は、なかなか難しいと思います。


最大で5回目の転職を成功させた方は、すべて会社都合による転職だったとのこと

——企業規模によって、中途採用のハードルは異なりますか?

 ベンチャー企業だと1人のエンジニアを入れただけでも、会社への影響力はかなり大きくなりますので、採用には慎重です。採用の過程で、「一度、現場と会わせたい」とか「食事に行きませんか?」とか。すごく優秀な方でも、社長が「うちと合わない」と判断して、見送りになることもあったりするので、小さな会社ほど“社風マッチ度”は求められると思います。

——中途採用で成功している企業は、どんな特徴がありますか?

 離職を抑える取り組みを積極的にしている企業です。中には採用にかける費用よりも、在職者を辞めさせない施策に費用を割いているところもあり、そういった企業はわれわれエージェントとしても紹介しやすいです。

 また、これは同時に転職希望者の方が集う口コミサイトの評価も大きく左右します。エンジニアの方は、結構口コミサイトを見ているので、人を大事にしているかどうかといった企業の評判は、採用に大きな影響を与えていると思います。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]