デル、デスクトップPCのラインアップを刷新--4Kディスプレイ搭載モデルも提供

三浦優子 2015年11月10日 13時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは、法人向けデスクトップPC「OptiPlex」「Vostro」のラインアップを大幅に刷新した。

 OptiPlexシリーズは「OptiPlex 5040 スモールフォームファクタ」「OptiPlex 5040ミニタワー」「OptiPlex 7040 スモールフォームファクタ」「OptiPlex 7040 ミニタワー」「OptiPlex 7040 マイクロフォームファクタ」「OptiPlex 7440 オールインワン」の3シリーズ6製品を発売。Vostro 3000シリーズは、「Vostro 3250 スモールフォームファクタ」「Vostro 3650 ミニタワー」「Vostro 3653 ミニタワー」の3製品を発売した。

 ワークスタイルの変化によって、PCに求められる要素が変化していることに着目し、最新のIntelプロセッサを搭載し処理速度向上を図るとともに、筐体サイズを小さくした。

 デルでは法人向けデスクトップPCとして、法人に必要な機能を持ちながら低価格で導入しやすいVostro、性能を重視したOptiPlex、映像作成などプロフェッションルユースを想定したPrecisionという3シリーズを持っている。今回、VostroとOptiPlexのラインアップを刷新した。

文英梅氏
デル クライアント・ソリューション統括本部 クライアント製品ソリューションマーケティング本部 コマーシャルブランドリーダー 文英梅氏

 Vostroシリーズは、従来製品の3900/3902ミニタワーがVostro 3650/3653ミニタワーに、従来製品のVostro 3800スリムタワーがVostro 3252/3250スモールファクタに置き換わった。

 「Vostroシリーズのアップグレードポイントとしては、第6世代のIntelプロセッサ搭載、デザインがスタイリッシュなものに生まれ変わったことに加え、筐体サイズの変更が一番大きな要素。最も小型化されたモデルでは50%以上の小型化を実現し、重量についても30%以上軽量化されている」(クライアント・ソリューション統括本部 クライアント製品ソリューションマーケティング本部 コマーシャルブランドリーダー 文英梅氏)

 法人モデルであることから、サービス、ソフトウェアについては、1年間翌営業日オンサイト保守サービス、国内サポートは24時365日体制でハードウェアとソフトウェアをサポートするプロサポートサービスを利用可能。セキュリティ対策としてはMcAfee製セキュリティソフト12カ月分利用できる。

 発売時期については11月6日からCore i5モデルの提供を開始しているが、Celeron/Pentium/Core i3/Core i7については後日発売する予定となっている。

飯塚祐一氏
デル クライアント・ソリューションズ統括本部 クライアント製品ソリューションマーケティング本部 OptiPlex/Chromebookブランドマネージャー 飯塚祐一氏

 OptiPlexシリーズの大幅なモデル刷新は5年ぶりとなる。機能を厳選し、効率的な運用と高い生産性を実現するというOpetiPlex 3000シリーズ、上位モデルと同等のチップセットを装備し、高い生産性と管理性の両方を実現できるとするOpetiPlex 5000シリーズ、クラス最高レベルの拡張性と生産性を実現するというフラッグシップモデルであるOpetiPlex 7000シリーズの3つのラインが揃った。

 「現行モデルの9020シリーズが7040へ、7020は5040へ、3020が3040へ、オールインワンの9030は7440オールインワンへと置き換わることになる。最大で43%のサイズダウンを実現し、電力消費も最大で63%削減されたが、性能は最大で70%向上している」(クライアント・ソリューションズ統括本部 クライアント製品ソリューションマーケティング本部 OptiPlex/Chromebookブランドマネージャー 飯塚祐一氏)

 OptiPlex 5000/7000シリーズでは第6世代Intel Coreプロセッサを搭載し、次世代内蔵グラフィックス、メモリパフォーマンスの向上、EPEAT対応パワーサプライユニットの採用、スマートパワーオン機能付きUSBポートの搭載、デジタルでの3画面出力に対応などの特徴がある。オプションでPCIe SSD対応、VGAサポートにも対応する。

 オールインワンモデルの7440は、23.8インチのフルHDディスプレイを採用しているが、オプションで4K Ultra HD displayを選択することもできる。スタンドオプションについてもさまざまなオプションが用意されている。

小澤剛氏
インテル セールスチャネル事業本部 チャネル企画戦略室長 小澤剛氏

 「4Kディスプレイ搭載モデルについては、まだ利用シーンは見えていないが、製品をリリースすることでお客様からさまざまな提案を頂くことができれば」(飯塚氏)と市場開拓の意味もあって投入を決定したという。

 販売開始時期は、5040、7040、7440は11月6日から販売がスタートしているが、3040、3240は12月上旬からの販売を予定している。

 会見には、インテルのセールスチャネル事業本部 チャネル企画戦略室長の小澤剛氏も登壇。60GHz帯を利用して「IEEE 802.11ad」をベースにした、最大7Gbpsという無線通信規格「WiGig(Wireless Gigabit)」、コラボレーションソフト「UNITE」を紹介し、「新しい仕事術を実現する技術が新プロセッサに搭載されている。新しい働き方をどう実現すればいいのか検討されている企業の方も多いと思うが、新しい製品を導入し、まずは始めてみるところから新しい働き方を模索することもひとつの選択肢ではないか」と提言した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]