ヴイエムウェアはデルによる買収後も変わらない--ゲルシンガーCEO

怒賀新也 (編集部) 2015年11月10日 21時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米VMwareの最高経営責任者(CEO)を務めるPat Gelsinger氏が、11月10日と11日に都内で開催しているイベント「vForum 2015 Tokyo」のために来日した。VMwareの親会社であるEMCがDellに買収されることになり、上場を含めてVMwareの独立性を維持するとされているが、それでもVMwareの今後の経営方針には注目が集まっている。

Dellによる親会社EMC買収を話すVMwareのPat Gelsinger CEO
Dellによる親会社EMC買収を話すVMwareのPat Gelsinger CEO

 VMwareの今後について、Gelsinger氏は、かつてHewlett-Packard(HP)、現在はHewlett-Packard Enterprise(HPE)のCEOであるMeg Whitman氏とのやり取りがあったことや、Michael Dell氏と対話したことなどエピソードも交えて説明する。

 「Dellに買収された後も何も変わりません」

 親会社EMCがDellに買収されるとの知らせが入った際、Gelsinger氏はWhitman氏に電話してこう話したという。VMwareとHPは仮想化の黎明期から緊密な協業を続けており、相互に重要なパートナー関係にある。

 Whitman氏は、DellによるEMC買収について、Dellが500億ドルという巨額の負債を負うことが競争上の足かせになるだろうという内容のメールを社内に送った。これについてGelsinger氏は「VMwareを批判したというよりは、(PCを中心に)長年のライバル関係にあるHPとDellという文脈において、ライバルの戦略が優れたものではないとWhitman氏がHP社員に訴求したもの」と説明した。

 その後、Dellの創設者で会長兼CEOのMichael Dell氏から連絡が入り、同じように「VMwareのビジネスは今後も変わらないと伝えられた」(Gelsinger氏)という。

 ただし、670億ドル、日本円で8兆円規模に上るIT業界において歴代でも最大級のM&Aとなる今回。「当然さまざまな意見があるものの、概ね中立か、(DellにとってVMwareを持つことの利点が大きいという意味で)好意的な反応が多い」とGelsinger氏は話す。

日本企業に安定性を訴求

 それでも、VMwareの今後に懸念を持つ日本企業もいると考えており、「それを払拭することも今回のvForumのポイント」としている。

 11月9日には、NTTコミュニケーションズとコンテナ技術のクラウド基盤の領域で協業すると発表

 11月10日には、富士通とクラウド分野でグローバル規模の協業を拡大すると発表した。富士通のデジタルビジネス基盤の中核となるIaaS/PaaS「K5」とVMwareのデスクトップ仮想化ソフトウェア群「Horizon」をベースにした仮想デスクトップサービス「v-DaaS」を世界展開するため、販売マーケティング活動のプロジェクトチームを発足させることで合意したとアナウンスしている。

日本法人の代表取締役会長を務める三木泰雄氏
日本法人の代表取締役会長を務める三木泰雄氏

 日本法人の代表取締役会長を務める三木泰雄氏は「EMC傘下の10年間も、VMwareは独立性を保ってきた。Dellによる買収でも同様になるのではないか、と日本企業が感じている印象がある」と話す。

 全体としてGelsinger氏は、買収後もVMwareが現在とあまり変わらないという見通しを強調。「VMwareが持つキャッシュをDellに引き渡すということもなく、今後も株主に還元していく。場合によってはM&Aをする可能性もあり、研究開発にもかなり資金を投じていく」と話した。

 その研究開発の内容について、ソフトウェア定義データセンターやハイブリッドクラウド、モビリティなどを挙げながら、最も強調したのは、急成長中のネットワーク仮想化製品「NSX」だ。

 「2015年のNSXは、2005年に爆発的な普及を開始した(ハイパーバイザ)ESXに相当するほど大きく拡大している」(Gelsinger氏)

 このほか、EMCとVMwareが10月20日に発表した、クラウドサービス事業を展開する新会社設立についても触れた。EMCとVMware、そしてEMCが最近買収したVirtustreamの3つの部門を統合して設立する新企業は、パブリッククラウドサービス「VMware vCloud Air」をはじめ、「VCE Cloud Managed Services」、VirtustreamのIaaS、EMCの「Storage Managed Services」と「Object Storage Services」などを提供することになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]