FacebookのCTO:「仮想現実の波にあわてて乗る必要はない」

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-11-13 06:15

 Facebookは2014年、仮想現実(VR)ヘッドセットを開発するOculus VRを20億ドルで買収した。それでも同社の最高技術責任者(CTO)Mike Schroepfer氏は、今の段階で企業はVRに過大な投資をするべきではないと警告している。

 Schroepfer氏は広告主から、VRの準備としてやるべきことを尋ねられた場合、「何もする必要はない」と答えるという。

 同氏は「私は広告主から『VRに向けて何を行っておくべきか?』と尋ねられるたびに『今することは1つもない。より多くの人々が使い始めるまで、ひたすら待つだけだ』と答えている」と述べた。


FacebookのCTOであるMike Schroepfer氏

 同氏は、Facebookの「Oculus Rift」のほか、HTCやソニーといった競合他社からもヘッドセットが市場に投入されるという点に触れつつも、「われわれや他社を含む業界全体を見渡しても、2016年におけるインストールベースは非常に小さなものにしかならないだろう」と述べた。

 VR技術のおかげで、ユーザーの頭の動きを捕捉し、CG描画された3Dグラフィックスの世界をぐるっと見渡せるヘッドセットが実現可能になる。これを着用すれば、ユーザーは三次元の仮想空間に没入できるようになるわけだ。VRヘッドセットはまだ主流になっていないが、2016年にはVRへの興味を再点火させることに一役買ったOculus Riftのコンシューマー向けバージョンが発売される予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]