編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

「OS/2」が「Blue Lion」として復活へ、その新機能や歴史など--誕生から28年 - (page 2)

James Sanders (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-11-13 06:30

 Rosenthal氏によれば、現時点ではまだ完成にはほど遠く、一般提供の時期は人的資源の観点から見て、早くて2016年第3四半期になるという。同氏はまた、このソフトウェアは確実にリリースされると述べている。この製品には相当な事前投資が行われており、プログラマーは経験豊かで、IBMが契約を結んだことでも分かるとおり、需要もかなり見込まれるためだ。

 Warpstockでプレゼンテーションを行った、横浜に住むArca Noaeの開発者Alex Taylor氏は、電子メールの中で次のように述べている。「驚くほど多くの顧客がいるだけでなく、それらの顧客が今回のディストリビューションを、今後もOS/2の使用とメンテナンスを継続でき、導入も可能なものにしてほしいと望んでいることも分かった。すでに基本的なハードウェアのサポートは、ドライバによって提供されている。オペレーティングシステムのインストールをはじめとする、上から下までのサポートを提供できれば、すべての関係者にとって、シンプルでコストパフォーマンスが高いものになるだろう。さらに、Blue Lionの開発によって、顧客が抱えるハードウェア、ソフトウェア、インフラの特殊な要件にも対応しやすくなる」

OS/2の簡単な歴史

 初心者には、WikipediaでOS/2の記事を読んでほしいが、ここでも簡単に説明しておこう。OS/2は1985年にIBMとMicrosoftのジョイントプロジェクトとして始まった。このパートナーシップは後に終了し、IBMはOS/2の開発を続け、Microsoftは1993年にWindowsのAPIを追加し、「Windows NT」としてリリースして、実質的にコードベースをフォークした。IBMはこのプロジェクトを継続し、すでにIBMのハードウェアを導入済みの企業(「IBMを買って首になった人間はいない」というフレーズが頭に浮かんだ)の間で成功し、積極的な開発は1996年のWarp 4のリリースまで続いた。

 IBMとエンタープライズ顧客との関係により、OS/2のサポートはその後も長い間続いた。IBMは移行を推奨しているものの、このOSのサポートは今でも継続している。1990年代前半にIBMがエンタープライズ市場で大きな成功を収めた結果、OS/2はさまざまな大企業でITエコシステムの一部にしっかり組み込まれて残存している。導入した組織には、例えば、Johnson & Johnson、PepsiCo、Whirlpoolなどの企業や、カンザス州有料道路公社(その社員はWarpstockにも参加していた)などが含まれる。

 2013年2月の米TechRepublicの記事で、Matt Nawrocki氏が「eComStation 2.2」のプレビューを行ったが、これは2000年にSerenity Systemsによって販売され、2008年にディストリビューションを引き継いだMensys BVによって開発されたOS/2の流れをくむ最新リリースだった。Mensysに経営上の問題が起きたために、eComStation 2.2は結局一般提供まで至らず、eComStationの権利はXEUに売却されたが、同社もまだeComStation 2.2の最終バージョンを出荷していない。

 今後、Arca NoaeがBlue Lionをリリースする前に、XEUがeComStation 2.2の最終リリースを発売するのはあり得ることで、その場合、IBMがこのプラットフォームの終了を発表した20年後の2016年に、OS/2の2つのディストリビューションが世に出ることになる。

提供:Screenshot by James Sanders/TechRepublic
eComStation 2.2 Beta 5のコマンドプロンプトと「Same Game」の画面。
提供:Screenshot by James Sanders/TechRepublic
提供:Screenshot by James Sanders/TechRepublic
eComStation 2.2 Beta 5のFirefoxで表示したTechRepublicのサイト。
提供:Screenshot by James Sanders/TechRepublic

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]