編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

リンテック、基幹システムをグループ共通のプライベートクラウド環境へ移行

NO BUDGET

2015-11-12 11:08

 粘着紙・粘着フィルムなどの粘着素材や関連機器、特殊紙などの開発、製造、販売を手がける総合メーカーのリンテックは、サプライチェーンや会計、経営管理などを支える基幹システムの基盤を全て集約すべく、統合データベース基盤を構築した。

 今後、海外子会社を含むグループ共通のプライベートクラウド環境を構築しシステムを移行する計画。製品を提供した日本オラクルが11月11日、発表した。

 リンテックは粘着素材の分野で、国内だけでなく、中国や東南アジアをはじめとするアジア地域を中心に、事業のグローバル化を加速している。

 同社では従来、サプライチェーンや会計、経営管理などの基幹システムの稼働環境や開発環境として、用途ごとに異なるサーバを保有しており、管理面での負荷やコストが高いという課題を抱えていたという。

 こうした課題に対し、今後の事業拡大にも柔軟に対応できるグループ共通のITシステム構築のため、将来のハイブリッドクラウドへの移行も視野に入れ、オラクルのデータベース機「Oracle Exadata Database Machine」を採用、これを用いた統合データベース基盤をはじめとする3つのシステム基盤に集約し、プライベートクラウド環境を構築することを決定した。

 さらに、Oracle Exadataに最適化されたバックアップ用ストレージとして、「Oracle ZFS Storage ZS3-2」も合わせて採用した。

 Oracle Exadataの採用にあたって、プライベートクラウド構築に求められる処理能力と拡張性、信頼性および可用性をはじめ、オンライントランザクション処理(OLTP)とバッチ処理、データウェアハウスなど、さまざまなデータベース処理が共存できる特徴が評価されたとのこと。

 リンテックでは今後、サプライチェーン管理や会計に運用されている「Oracle E-Business Suite」を、Oracle Exadataによる統合データベース基盤に移行していく予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]