編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

マイクロソフト、セキュリティパッチを再リリース--「Outlook」での不具合に対処

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-11-13 09:51

 Microsoftは米国時間11月12日、「Microsoft Outlook」に複数の影響を与えていたセキュリティパッチの不具合を修正し、再リリースした。

 同社の広報担当者は電子メールによる声明で、「一部の顧客に影響を与えているOutlookの不具合に対処する」ために、更新プログラム3097877を再リリースしたと述べた。

 同声明には「セキュリティを強固なものに保ち続けるうえで、このパッチの適用を推奨する」と記されている。

 ただ、今回の不具合を引き起こした原因や、そういったパッチがなぜリリースされたのかについては記されていない。

 同社の更新後のナレッジベースによると、今回の不具合は「Windows 7」と「Windows Server 2008 R2」のユーザーに影響を与えていたという。

 同社が月例パッチをリリースした10日の時点から、Outlookデスクトップクライアントがクラッシュしたという報告が複数のユーザーから寄せられていた。

 中には、ウェブ(HTML)フォーマットの電子メールを表示したときだけOutlookがクラッシュするという報告もあった。

 他のユーザーも、画面が真っ黒になったり、エラーが発生するといったさまざまな問題に遭遇していた。Microsoftのサポートページでは、これについても認めている。

 このパッチ(MS15-115)は、オペレーティングシステムのフォントの処理および表示の方法を悪用することで、リモートから対象マシンでコードが実行可能になるという、一連の脆弱性を修正するもの。Windowsのすべてのバージョンが対象となる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]