海外コメンタリー

「Windows 10」初のメジャーアップデート--法人向けに強化された主な新機能は? - (page 2)

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-11-17 06:30

 Microsoftが懸念しているのはWindows 10の導入ペースの鈍化だ。サードパーティーによる複数の調査で示されているように、リリース直後は速いペースで導入が進んだものの、Windows 10にアップグレードせずにWindows 7やWindows 8.1を使用し続けているユーザーも相当数いる。

 また多くのユーザーは、今回のアップデートに対してWindows 10の安定感の向上を望んでいる。

 Mary Jo Foley氏は米ZDNetの9月の記事で、「変動要素が多すぎるため、コンピューティングエクスペリエンスに安定感が不足している」というさまざまなWindows 10ユーザーの不満に同意している。

 しかしKorst氏は、Windows 10にアップグレードしたユーザーから異なる声を聞いていると主張している。

 同氏は「アップグレードしたユーザーの満足度は極めて高い。Windowsに対する満足度を世界的に見ると、Windows 7やWindows 8からWindows 10へとアップグレードしたユーザーの間では向上している」と述べたうえで、今回のアップデートにより、Windows 10の「互換性や安定性をさらに向上」させる「新たなコンポーネントが数多く提供される」と付け加えた。

日々の業務にもたらされるメリット

 今回のアップデートにおける最大の変更点はテレメトリデータの送信を無効化する方法や、アップデートを遅延させる新たな方法、より簡素化されたアプリ配備方法の提供といった、法人ユーザーに対するものと言ってよいだろう。

 「Windows Update for Business」によって、管理者は会社のPCに対するWindowsアップデートの配備を延期できる、すなわちアップデートを適用するタイミングごとにPCをグループ化したうえで、その適用日時を指定できるようになる。

 また「Windows Store for Business」により、従業員に対するアプリの配備を柔軟に行えるようにもなる。

 企業はアプリを一括購入したうえで、自社版の専用Windowsストアを構築し、事前に認めたWindowsストアアプリと、自社の業務アプリからなるオーダーメイドのアプリの一覧を従業員に提供できるようになる。さらに、アプリごとに使用対象者を限定することもできるようになる。

 こういったWindowsストアの構築には、「Windows 10 Pro」エディションか「Windows 10 Enterprise」エディションとともに、「Azure Active Directory」(Azure AD)のIDが必要となる。

 Korst氏は「この種のアプリを配布するうえで、管理者は大きな自由度を手にすることになる」と述べた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]