編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

HPE、「3PAR StoreServ」ソリューションの拡充を発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-11-17 11:20

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間11月16日、同社のストレージ製品である「HPE StoreOnce」と「HPE StoreEver」を「HPE 3PAR StoreServ」システムに統合すると発表した。

 HPEは8月に3PAR StoreServシステムの中核製品群を一新している。その狙いはオールフラッシュアレイ製品を検討している顧客の獲得だ。今回の発表は、従来のストレージが受け持っているワークロードのフラッシュアレイへの移行に向けたものだ。

 同発表には以下の内容が含まれている。

  • さまざまなストレージ形態を1つのシステムに統合する「3PAR StoreServ 8200 Converged File Block Starter Kit」の概要
  • 仮想デスクトップインフラ(VDI)や「SharePoint」環境とともに、HPEの情報マネジメントソリューションに取り組んでいくための、3PAR StoreServ向け参照アーキテクチャ
  • 3PAR StoreServシステムとリカバリーツール「HPE Data Protector」の統合
  • StoreEverのライブラリ/メディア/ドライブ製品の自動化
  • エントリレベルおよびミッドレンジのStoreOnceシステム製品と、OracleやSAP、Microsoft、Veritas、Veeamのアプリケーションのネイティブレベルでの統合
  • データベースのパフォーマンスを向上させる「3PAR Flash Acceleration for Oracle」という新たなソリューションと、「3PAR Online Import Software」という移行ツール、3D NAND SSDのサポート
  •  3D NAND SSDは12月17日より販売される。価格はドライブあたり2075ドルからで、容量は400Gバイトから。3PAR StoreServ 8200 Converged File and Block Starter Kitは、12月7日より販売される。価格は3万6201ドルから。


    この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]