編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コンテナを強化した「Red Hat Enterprise Linux 7.2」がリリース

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-11-20 10:20

 Red Hatは紛れもなくLinuxベンダーだ。しかし、最新の主力製品「Red Hat Enterprise Linux 7.2」では、コンテナとクラウドにかつてないほどのフォーカスがされている。

 RHEL 7.2では確かにセキュリティ、ネットワーキング、システム管理などで新機能が加わっている。これまでと異なるのは、エンタープライズ対応のLinuxコンテナベースのアプリケーション開発・実装への大きなフォーカスだ。RHEL 7.2ではまた、「Red Hat Insights」も利用できる。Red Hat Insightsは効率を改善しダウンタイムを削減することを目指したオペレーション分析製品で、プロアクティブに既知のリスクや技術的問題を検出する。

 コンテナでは、多数のアップデートが行われている。これには、Dockerエンジン、コンテナ管理のKubernetes、サーバ管理のCockpit、Red HatのAtomicコンテナアップグレードコマンドのなどのアップデートが含まれる。そして、コンテナワークロードに最適化したホストプラットフォーム「RHEL Atomic Host 7.2」もバンドルされている。

 「Red Hat Container Development Kit 2」のベータ版も提供される。イメージ、ツール、ドキュメンテーションを含み、コンテナベースのアプリケーションの構築を支援する。このキットで作成したプログラムはRHEL 7.2、RHEL Atomic Host 7.2、OpenShift Enterprise 3などのRed Hatコンテナホストで実装できる。

 RHEL 7.2ではネットワークも強化した。全体の性能を強化しており、中でも「NFV(Network Functions Virtualization)とSDN(Software Defined Network)を利用する多くのケースで速度が倍増する」という。ネットワークのほか、セキュリティ、システム管理についても多くの改善が加わっている。

 Red Hatは同日、「RHEL for ARM 7.2 Development Preview」も公開した。Red HatはARMプロセッサがデータセンターで利用されるようになると信じており、これはそのためのステップとなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]