海外コメンタリー

世界のスマートシティ--より快適に、安全にIoTで進化する都市の取り組み - (page 5)

Teena Hammond (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-12-26 06:30

スマートシティへの関与を促す

 もちろん世界の都市のほとんどは、現時点ではスマートシティではない。既存のテクノロジを、より先進的で効率的なテクノロジで置き換えるには時間がかかる。しかし一方で、個人や組織が、都市のデータの見直しや開発者を集めて都市で利用できるアプリケーションを作成するなどの活動を進んで行ったり、市民団体を作ったりして、自分にできることを進めることは可能だ。

 シカゴ市では、利用しているコードをオープンソース化して、世界中からアクセスできるようにすることで、スマートシティの取り組みを広めようとしている。「あらゆる都市が、シカゴ市と同じように厳しい財政状況にある。例えば別の都市で、シカゴのレストランで使用しているコードを流用し、同じものを実装する手間を省くのは合理的だ。われわれは、他の都市のオープンソースコードも利用する計画でいる。地方自治体や政府の間では協力しやすいため、お互いに力を合わせることができる」とBerman氏は述べている。

 「すべてのコードがオンラインで公開されているため、他の研究者がそのコードを参照したり、データを見たりすることができる」とSchenk氏は言う。研究者はこのコードを改善したり、自分が関わっているスマートシティプロジェクトで、そのコードを無料で利用することさえできる。Schenk氏によれば、シカゴ市もまた他の地方自治体のオープンソースコードを利用したいと考えているという。

 データを使って都市に行動を促す役割を果たす可能性が高いのは、ジャーナリストやプログラマーなどだが、起業家も地方自治体で役立つアプリケーションを作るハッカソンを開催できる。これらの人たちがデータと情報を作ることができれば、都市はそれに耳を傾ける可能性が高いとSchenk氏は言う。

 ただし、新しいサービスがどれだけ魅力的であっても、市民がそれを求めていなければ意味がない。

 「スマートシティは進化する都市であり、そのスマートさは相対的なものだ。都市がスマートシティになるためには、常に変化していかなくてはならないことを理解する必要がある。しかし、都市住民を支え、都市の文化的な活力と持続可能性を維持するための最善のツールを選ぶには、知恵が必要だ」とMenon氏は述べている。

提供:Teena Hammond/TechRepublic
IoTサービスを管理するシカゴのモバイルユニット
提供:Teena Hammond/TechRepublic

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]