編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

申込書などをデジタルに--アシスト、電子フォーム「e.Form」をサービス化

藤本和彦 (編集部)

2015-11-25 13:15

 アシストは11月25日、クラウド型電子フォームサービス「e.Form on Cloud」の提供を開始した。既存の申込書や契約書などの紙の書式を電子化し、紙出力にかかるコスト、システムに情報を登録する作業負荷、書類の紛失や盗難などによる個人情報の漏えいリスクを低減する。

 e.Form on Cloudは、オンプレミス版「e.Form」のすべての機能をAmazon Web Services環境で提供するサービス。タブレットとスマートフォン、PCから利用できる。税別料金は1ユーザーあたり月額1600円。タイムスタンプオプション付きは月額1900円となっている。

 e.Formは、申込書や契約書といった申請用紙などをそのまま背景画像として取り込み、そこにフォームの入力フィールドを設定するだけで容易に電子フォームを作成できる。設定可能なフィールドには、文字、数字、複数行の文字、プルダウン、単一選択、複数選択、郵便番号検索、自動採番、画像、自署、ラベルがある。

 申込者の本人確認を支援する機能も備え、取り込んだ免許証などの画像や録音した音声、端末に手書きしたサインの添付も可能。なりすましなどの不正行為の防止に役立てられる。

 端末認証や暗号化をはじめとしたデータの安全性を確保する機能も提供する。IDやグループごとに利用範囲を制限するアクセス制御機能、e.Formサーバへ転送後に端末からデータをクリアするデータクリア機能も備える。存在証明と非改ざん証明が可能なタイムスタンプ機能もオプションで提供する。

 e.Form on Cloudを無料で利用できるキャンペーンを2016年3月31日まで実施。2016年2月29日までの申し込み分が対象となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]