日本株展望

トルコがロシア機撃墜--地政学リスクにどう対処するべきか

ZDNet Japan Staff 2015年11月26日 10時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月25日の日経平均は77円安の1万9847円だった。トルコによるロシア機撃墜のニュースを嫌気して、一時138円安の1万9786円まで下がったが、日本への直接の影響は限定的と見られることから、その後下落幅を縮小した。

 今回は、最近、増えている地政学リスクのイベントにどう対処すべきか、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏が解説する。

トルコとロシアの対立が浮き彫り、IS掃討のための共闘が困難に

 金融市場への影響を話す前に、まずシリア内戦をめぐるトルコの微妙な立ち位置について簡単に解説しよう。トルコは隣国シリアと歴史的にも民族的にも深いつながりがある。

 第一次世界大戦前、トルコ、シリア、イラン、イラクなどの国々はオスマントルコ帝国の支配下にあった。第一次世界大戦後に人為的に国境線が引かれて分割された結果、クルド人やトルコ系トルクメン人などさまざまな民族が今でも多数の国に分断されて居住している。シリアは多様な民族の集合体になっており、トルコ系民族も多数居住している。

 シリアでは、泥沼の内戦が長期化しているが、トルコはこの内戦と無縁ではいられない。400万人ものシリア難民が国外に流出しているが、サウジアラビアには行かず、ほとんどがトルコに流れ込んでいる。その一部はトルコから欧州を目指している。

 シリア内戦は、現在、(1)アサド政権、(2)反政府勢力、(3)IS(イスラム国)の三つ巴の争いとなって泥沼化し、停戦のメドが立たなくなっている。(2)反政府勢力は厳密にいうと、多数の異なる民族集団に分かれており、相互に争いもあり、対立構造がきわめて複雑になっている。

 2011年、独裁政権であったアサド政権に対し、「アラブの春」に感化された反政府勢力が立ち上がり、武力衝突が起こったことが内戦の始まりとなった。反政府勢力を欧米トルコなどが支援する一方、アサド政権側をロシアやイランが支援したため、内戦は長期化した。シリア国内の民族・宗教の対立が絡んだため、反政府勢力は一枚岩とはならず、分裂した戦いが続いている。

 事態を複雑にしたのは、反政府勢力の一部がイラクで活動する武装勢力ISと結びついたことだ。ISの勢力拡大を抑えるために、米国はシリアへの空爆を開始した。空爆には英仏独など欧州諸国やIS勢力の拡大を恐れるサウジアラビアなど中東5カ国も参加した。

 こうしてシリア内戦はアサド政権、反政府勢力、ISと三つ巴の争いとなった。アサド政権から米国に対し、ISの勢力拡大を抑える戦いに集中するために連携する提案がなされているが、米国はこれを拒否している。シリア内戦は終結のめどがなくなり、シリア国民は日々生命や生活を奪われる危機から逃れるために、国外に出ざるを得なくなっている。

 最近、IS系組織が中近東や欧州で次々とテロを実行し始めたことが、シリア内戦に新しい展開を生んでいる。10月31日にロシア旅客機がシナイ半島に墜落した事件ではISが犯行声明を出しており、ISによるテロとの見方が強まっている。ロシアは報復措置としてISへの空爆を強化した。

 さらに、11月13日にパリで同時テロが起こり、IS系組織が犯行声明を出したことから、フランスもISへの空爆を強化した。オランド仏大統領は、ISとの共闘で欧米ロシアが連携する必要を説き、実現が難しいと思われた共闘に道が開かれる可能性が出ていた。

 そこで、11月24日に起こったのが、トルコ軍によるロシア軍用機撃墜だ。直接の原因は、ロシア機がIS空爆のために、しばしばトルコの領空を侵犯していたことにある。今回もロシア機がトルコ領空に入り、トルコ軍が度重なる警告を発したにもかかわらず応答がなかったために撃墜したと、トルコ側は主張している。

 ロシアは領空侵犯を否定しているが、真の問題は、領空侵犯の有無ではない。トルコとロシアがシリア問題をめぐって対立していることが、事件の背景にある。

 トルコは、トルコ系住民保護のために反アサド派を支援していたが、ロシアはアサド政権を軍事支援していた。今回のロシアによるIS空爆強化で、ロシア機はISだけでなく、反アサド派勢力にも、空爆をしかけていた疑いが持たれている。トルコ系住民を含む反アサド派を空爆するロシア機がトルコ上空を通過していくことを、トルコは看過できなかったと考えられる。

 トルコとロシアの間に深い溝が生じた結果、ISとの戦いで米国とロシアが連携するのが、再び困難になりつつある。こういうことが起こると、そもそもトルコとロシアの間に、長い対立の歴史があることまで想起される。

 歴史的にロシアの南下政策に苦しめられてきたトルコには、反ロシア感情が深く根付いている。1904年の日露戦争で、アジアの国である日本がロシアに勝利したことが伝わるとトルコ国民は歓喜し、それ以来、親日感情が高まったことはよく知られている。

 トルコは歴史的に欧州諸国とも対立関係にあった。ただし、第二次世界大戦後は友好関係を樹立している。トルコは、米国および西欧諸国が中心となってスタートさせたNATO(北大西洋条約機構)の加盟国であり、米欧諸国と軍事的に同盟関係にある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]