編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
日本株展望

2万円前後で足踏み--11月30日週の日本株見通し

ZDNet Japan Staff

2015-11-30 12:01

 11月24日週の日経平均は、1週間で4円上昇し、1万9883円となった。日経平均2万円を手前に、やや上値が重くなった。

節目として意識される日経平均2万円

日経平均週足および出来高:2015年1月5日~11月27日


(注:楽天証券経済研究所が作成)

 今年4月以降、日経平均2万円が節目として意識される状況が続いている。4月には日経平均2万円は上値抵抗線として意識されていたが、5月に日経平均が2万円を勢いよく超えてから、下値抵抗線として意識されるようになった。

 7月に日経平均は、一時的に2万円を大きく割れたがすぐに2万円を回復し、8月前半まで、2万円は下値抵抗線として意識される状態が続いた。

 8月後半に、世界同時株安につれて日経平均は2万円を割れて急落した。足元ようやく2万円手前まで戻してきた日経平均だが、2万円は再び上値抵抗線として意識されている状態だ。

 先週、売買高が減少している点も気がかりだ。国内投資家から戻り売りが出やすい2万円を前に、外国人による日本株買いの勢いがやや低下してきていることがわかる。

今週の注目指標:米雇用統計

 12月4日(金)に発表される11月の米雇用統計の注目度はきわめて高くなっている。米国の金融政策を決定する際に、雇用統計が重視されているからだ。中でも、注目度が高いのは、非農業部門雇用者増加数(前月比)だ。強い数字(20万人以上の増加)が出れば、12月利上げの確度が高まる。

 ただし、弱い数字(20万人を大きく下回る数字)が出ると、12月の利上げが難しくなる。8、9月の雇用者増加数が、景気好調と判断される20万人増を2カ月連続で下回っているからだ。この時、米景気の勢いは弱まっているとの不安が生じた。ところが、10月が27万1000人増加で、米景気は好調との見方が復活している。

 11月の数字がどうなるか、市場の注目度は高くなっている。ちなみに、市場予想では、ちょうど20万人の増加とされている。

米雇用統計、非農業者部門の雇用者増加数(前月比)の推移
2013年1月~2015年10月


 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]