編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

まだ続く情報漏えい--最も重大な15の事件を振り返る - 14/15

TechRepublic Staff 翻訳校正: 編集部

2015-12-20 07:00

米政府の人事管理局(2015年)

 2015年、米政府の人事管理局は、政府による身元調査を受けた人や連邦政府の求人に応募した人に関する2150万件の記録を、ハッカーらに盗まれたことを認めた。ハッカーらは大量の機密情報を盗み出し、これにはシークレットエージェントに関する人物調査の情報や指紋データも含まれていた。

 The Washington Postは、この攻撃が中国から行われたとみられると報じた。

米政府の人事管理局(2015年)

 2015年、米政府の人事管理局は、政府による身元調査を受けた人や連邦政府の求人に応募した人に関する2150万件の記録を、ハッカーらに盗まれたことを認めた。ハッカーらは大量の機密情報を盗み出し、これにはシークレットエージェントに関する人物調査の情報や指紋データも含まれていた。

 The Washington Postは、この攻撃が中国から行われたとみられると報じた。

提供:Gary Cameron/Reuters/Corbis

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]