編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
HPE Discover

HPE、「Azure」対応のハイパーコンバージド製品を発売

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2015-12-02 10:25

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)はロンドンで開催中のHPE Discoverで、Microsoftと提携し、「Azure」の技術を利用してプラベートクラウドを構築するための製品を発表した。

 HPEは米国時間12月1日、新たなアプライアンス製品「Hyper-Converged 250 for Microsoft CPS Standard」を発売した。この製品には、「Windows Server 2012 R2」、「HPE OneView for Microsoft System Center」および「Windows Azure Pack」が付属している。

 同製品のソフトウェアは、企業がWindowsまたはLinuxベースのシステムを仮想化インフラに素早く導入し、1つのインターフェースまたはコンソールから管理できるように設計されている。

 Hyper-Converged 250のユーザーは、「Azure Backup」や災害復旧サービス「Azure Site Recovery」など、Azureのサービスを利用することができる。

 Dellもすでに、「Dell Hybrid Cloud System」などの、Microsoft Cloud Platform System Standardのソフトウェアを搭載した機器を提供している。

 HPEとの新たな契約により、Microsoft AzureはHPEの顧客の「推奨パブリッククラウドパートナー」となり、HPEはMicrosoft Azure製品のインフラとサービスを提供する「推奨パートナー」となる。HPEは新たに5000人のAzureクラウドアーキテクトを認証して、エンタープライズサービス顧客のAzureとの統合を支援する計画だ。

 HPEとMicrosoftはまた、「HPEのインフラでAzureを活用する際にシームレスなハイブリッドクラウド体験」を提供するために、カリフォルニア州パロアルトとテキサス州ヒューストンに中核研究拠点「HPE Azure Centers of Excellence」を設置する。

 HPEは2015年中のクラウド事業の売上高を、前年比20%増の約30億ドルと予想している。

 またMicrosoftは、HPE Synergyプラットフォームなど次世代インフラのためのイノベーションを加速することを目標とする「HPE Composable Infrastructureパートナープログラム」に参加する。HPE SynergyプラットフォームもHPE Discoverで発表された。

 同イベントでは、HPEのクラウド管理サービスを強化する計画とともに、「HPE Helion Managed Cloud Broker」も発表された。このマネージドサービスは、複数のクラウドプロバイダー間で、企業がサービスのプロビジョニング、アクセス、統合、安全なコントロールを行うことを可能にするものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]