HPE Discover

HPEがMSとの提携を正式発表--Azureを推奨パブリッククラウドに - (page 2)

末岡洋子

2015-12-02 08:34

 このほかにも提供の下、HPEはすべてのHPEサーバでAzureを統合する。Azureのコンシュームとサービス利用が可能になり、Fort氏はWindows ServerとSQL Serverをクラウドでバックアップするなどの例を挙げた。

 また、特定のワークロード向けに共同で統合されたソリューション開発も進める。やはりハイブリッドインフラの実装にまつわる複雑性を緩和することを目的としたもので、例えば、SQL ServerをHPEのIntegrity Superdome Xで動かす、SQL ServerのStretch Database機能によりSQL Serverデータベースのテーブルを取り出し、データを自動アーカイブして、クラウドベースのストレージシステムにロールオーバーするなどのことが可能になるとした。

 サービスとサポート側では、HPEは共同でハイブリットITとHPEが推進するコンポーザブルインフラをプッシュする。米パロアルトとヒューストンにHPE Center of Excellenceを設け、顧客にシームレスなハイブリッドクラウド体験を提供する。HPEはまた、Azureを利用したハイブリッドクラウド環境の実装を担当できるよう、5000人をAzure Cloud Architects認定に向けてトレーニングするという。

 ソフトウェア側では、HPEのソフトウェアポートフォリオをAzureプラットフォームで利用できるように共同で作業を進める。まずは「HPE Quality Center」と「HPE LoadRunner」をAzure Marketplaceで提供することを発表した。今後、HPEのアプリケーションライフサイクル管理、ビックデータ、セキュリティなどのソフトウェア製品に拡大していく予定で、2016年Q2以降拡充していく。

 お互いのパートナープログラムもさまざまな形でサポートする。例えば、Microsoftは「HPE Composable Infrastructure Partner Program」に参加し、Microsoft System CenterとHPE OneViewオーケストレーションツールの統合と自動化をさらに進めるという。

 Hewlett-Packardは10月、パブリッククラウドの提供を2016年1月に打ち切ることを発表していた。これまでパブリッククラウドではWindows Azureのほか、Amazon Web Services(AWS)、OpenStackなどをサポートしているが、Hilf氏は「マルチクラウド戦略には変更ない」とした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]