編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ジュニパー、ネットワークOS「Junos」単体で提供--外部の機能を組込可能に

NO BUDGET

2015-12-02 16:29

 ジュニパーネットワークスは12月1日、同社のネットワーク機器のOSである「Junos」を公開した。Junosを利用することで、サードパーティのネットワークサービスやアプリケーションをジュニパーのプラットフォームに直接展開したり、ジュニパーのシステムに直接プログラミングできたりする。ベアメタルスイッチなどに活用するには費用が発生する。

 Junosが稼働し、新しい25/50ギガビットイーサネット(GbE)を標準サポートするアクセススイッチ「QFX5200」シリーズも発表された。JunosとQFX5200シリーズの組み合わせで、ネットワーク自動化とプログラミングの自由度が確保される。また、ソフトウェアのライセンス料を従量課金モデルで支払うオプションも導入され、ソフトウェアとハードウェアを個別に購入できる柔軟性をもたせることが可能になる。

 QFX5200は、10GbEから100GbEまでの複数のスピードに対応し、高額なアップグレードをせずにより高速なポート速度への移行を実現する。25GbE/50GbEもサポートする。同製品は、Linuxへのオープンアクセスを提供しており、IaaS環境の構築管理ソフトウェア「OpenStack」などのツールで自由にサードパーティ製アプリケーションをオーケストレーションできる。これにより、顧客のアプリケーション、SDNコントローラ、オーケストレーションツールと容易に統合できるとしている。

 運用管理については、「Junos Space Network Director」により、単一画面でエンタープライズネットワーク全体を管理でき、VMware vRealize Operations用「Junos Space Network Director」のManagement PackやVMware vCenter Serverとの相互運用でエンタープライズネットワークインフラの健全性、容量、性能での可視性を得られるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]