編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

マイクロソフト、「Azure Container Service」プレビュー版をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-03 12:50

 「Microsoft Azure」で提供される、コンテナのスケジューリングとオーケストレーションのサービス「Azure Container Service(ACS)」の一般プレビューが公開された。Microsoftは9月にこれを発表していた

 ACSは、コンテナホストとして動作する仮想マシンのクラスタや、アプリケーションコンテナをオーケストレーションするための他の「マスター」マシンの作成と管理を可能にする。

 MicrosoftはACSプレビュー版の提供を、米国時間12月2日のブログ記事で発表した。

 9月に発表されていた通り、MicrosoftのACSプレビュー版は、AzureチームがDockerやMesosphereと協力して実施した取り組みに基づいている。この取り組みの目的は、「Docker」や「Apache Mesos」、さらにMesosphereの「Datacenter Operating System (DCOS)」からのオープンソースコンポーネントをベースとする、本番環境に対応するコンテナサービスを提供することだ。

 プレビューを入手するには、Azureのサブスクリプションを取得した上で、Microsoftに申し込む必要がある。

 なお、12月2日のAzure関連ニュースは、ACSのプレビュー版リリースだけではない。

 Microsoftは同日、「Azure Security Center」の一般プレビュー版も公開した。Azure Security CenterはMicrosoftが数週間前に発表したもので、ユーザーがAzureのリソースのセキュリティ状態を監視し、多様な設定に対応するポリシーによりクラウドのセキュリティを管理できるようにする。Azure Security Centerはまた、Microsoftのアナリティクスと脅威監視システムを使って、検知された脅威をユーザーに通知する。

 Microsoftはさらに、Azureでデフォルトのポータルとなった「Azure Portal」(開発コード名:「Ibiza」)の一般提供も開始した。同社は2日、「Azure Content Delivery Network(Azure CDN)」の新機能の提供も開始したほか、「Azure App Service」のモバイルアプリも一般公開した。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]