編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、「Azure Container Service」プレビュー版をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-03 12:50

 「Microsoft Azure」で提供される、コンテナのスケジューリングとオーケストレーションのサービス「Azure Container Service(ACS)」の一般プレビューが公開された。Microsoftは9月にこれを発表していた

 ACSは、コンテナホストとして動作する仮想マシンのクラスタや、アプリケーションコンテナをオーケストレーションするための他の「マスター」マシンの作成と管理を可能にする。

 MicrosoftはACSプレビュー版の提供を、米国時間12月2日のブログ記事で発表した。

 9月に発表されていた通り、MicrosoftのACSプレビュー版は、AzureチームがDockerやMesosphereと協力して実施した取り組みに基づいている。この取り組みの目的は、「Docker」や「Apache Mesos」、さらにMesosphereの「Datacenter Operating System (DCOS)」からのオープンソースコンポーネントをベースとする、本番環境に対応するコンテナサービスを提供することだ。

 プレビューを入手するには、Azureのサブスクリプションを取得した上で、Microsoftに申し込む必要がある。

 なお、12月2日のAzure関連ニュースは、ACSのプレビュー版リリースだけではない。

 Microsoftは同日、「Azure Security Center」の一般プレビュー版も公開した。Azure Security CenterはMicrosoftが数週間前に発表したもので、ユーザーがAzureのリソースのセキュリティ状態を監視し、多様な設定に対応するポリシーによりクラウドのセキュリティを管理できるようにする。Azure Security Centerはまた、Microsoftのアナリティクスと脅威監視システムを使って、検知された脅威をユーザーに通知する。

 Microsoftはさらに、Azureでデフォルトのポータルとなった「Azure Portal」(開発コード名:「Ibiza」)の一般提供も開始した。同社は2日、「Azure Content Delivery Network(Azure CDN)」の新機能の提供も開始したほか、「Azure App Service」のモバイルアプリも一般公開した。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]