2016年に予想されるサイバーセキュリティ問題トップ10 - 4/10

Michael Kassner (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-12-10 06:15

 「インターネットはキメラのようなものだ」。ミネソタ州立大学ムーアヘッド校で計算機科学の准教授を務めるAndrew Chen氏はこう述べる。「これは、さまざまな要素が融合した化け物だ。最初は強力なものに見え、次第に魅惑的になり、最後に危険な存在になる」。現在のインターネットに対するこのChen氏の見方に反論することは難しい。また2016年にも、状況が悪くなることはあっても、良くなることはないだろう。その理由はこうだ。

4.ビッグデータとアナリティクスは、セキュリティ分野ではあまり役に立たない

 ビッグデータとアナリティクスは、セキュリティ分野でも徐々に利用されるようになってきている。しかし、このことについては否定的意見もある。information security forumのグローバルバイスプレジデントSteve Durbin氏は、eWeekに対し、「ビッグデータを妄信する組織は、欠陥のある、あるいは不完全なデータセットに基づいて戦略的な判断を下すようになる。情報セキュリティの問題にビッグデータアナリティクスを適用する際の手順を明確化して、これを避けるべきだ」と述べている。

 またGartnerの調査担当バイスプレジデントであるAnton Chuvakin博士は、それに加えて、「投資から恩恵を得られる可能性が低い場合は、ビッグデータに投資すべきではない。特に、『恩恵』が明確に定義されていない場合は避けるべきだ」と述べている。

4.ビッグデータとアナリティクスは、セキュリティ分野ではあまり役に立たない

 ビッグデータとアナリティクスは、セキュリティ分野でも徐々に利用されるようになってきている。しかし、このことについては否定的意見もある。information security forumのグローバルバイスプレジデントSteve Durbin氏は、eWeekに対し、「ビッグデータを妄信する組織は、欠陥のある、あるいは不完全なデータセットに基づいて戦略的な判断を下すようになる。情報セキュリティの問題にビッグデータアナリティクスを適用する際の手順を明確化して、これを避けるべきだ」と述べている。

 またGartnerの調査担当バイスプレジデントであるAnton Chuvakin博士は、それに加えて、「投資から恩恵を得られる可能性が低い場合は、ビッグデータに投資すべきではない。特に、『恩恵』が明確に定義されていない場合は避けるべきだ」と述べている

提供:iStock

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]