編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら
日本株展望

日経平均は節目の2万円で一旦打ち返し

ZDNet Japan Staff

2015-12-11 10:36

 12月10日の日経平均は、254円安の1万9046円だった。来週15、16日に、米FOMC(金融政策決定会合)という一大イベントを控え、為替がやや円高(ドル安)に動き、それに応じて日経平均先物にも手仕舞い売りが出た。

 日本の景気・企業業績の回復トレンドは変わらないので、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏は、日経平均は買い場との判断を継続するという。今回は、12月7日週に日経平均が下がることになった要因を振り返る。

日経平均は節目として意識される2万円で一旦打ち返された形に

日経平均週足:2015年1月5日~12月10日


 1月から上昇を続けてきた日経平均は5月には2万円近くで上値が重くなった。この時、2万円は上値抵抗線として意識されていた。9月の急落で一時1万7000円割れまで売られた日経平均は、11月の反発で再び2万円に近づいたが、2万円が近づくと再び上値が重くなった。

 2万円が再度上値抵抗線として意識されるようになっていた。12月に入り、日経平均は2万円で一旦打ち返されて下がった形になった。

12月7日週は、外国人投資家が日経平均先物を売った模様

 12月7日週は、海外に不安材料が増えたことを受けて、外国人投資家が日本株の買いポジションを減らしたと考えられる。売りのきっかけとなったのは、以下の2点だ。

(1)原油価格が再び急落

 原油先物が安値を更新し、金融市場の不安材料となった。原油など資源価格が年末にかけて全面安となってきたことから、資源高の恩恵を受けて成長してきたブラジル・ロシア・メキシコ・マレーシアなど新興国の景気が一段と冷え込む懸念が出ている。

 資源安の恩恵を受ける欧米でも短期的にはマイナス効果が先行する可能性がある。例えば、米国では短期的にシェールガス/オイル業者の破綻が増える懸念がある。

 原油安が長期化すると、原油収入の減少を補うために、サウジアラビアなど産油国が保有する世界の金融資産を売却する懸念が生じる。8~9月には、中東産油国から世界の株式に巨額の売りが出たことが分かっている。

 ただし12月7日週に中東産油国の日本株売りが出ているとは考えられない。日経平均先物を売ったのは、足の早い海外ヘッジファンドであると推定される。

ニューヨークWTI原油先物(期近)推移:2014年4月1日~2015年12月9日


(2)来週15、16日に米FOMCを控え、為替市場でやや円高(ドル安)が進んだこと

 12月16日(日本時間では17日午前4時15分)に、米FOMCの結果が発表される。9年半ぶりの利上げが予想されている。ゼロ金利政策に終止符が打たれる見込みだ。予想通りに利上げが発表された場合に、金融市場にどういう反応が起こるか、見方が分かれている。

 米国の短期金利が上がるわけなので、普通に考えるとドル高(円安)が進むことになる。ただし、そうならない可能性もある。米FRBのイエレン議長は、長い時間かけて「2015年中に利上げを実施することが適切」という考えを市場に伝えてきた。そのため実際に利上げがあった場合には、材料出尽くしで、ドル安(円高)が進むという見方もある。

 鍵を握るのは、FOMC結果発表後のイエレン議長による発言だ。来年以降、早い時期に追加利上げが必要というトーンで話しをするならば、ドル高(円安)が進む材料となる可能性がある。ところが、追加利上げは当分ないというトーンで話すと、材料出尽くしでドル安(円高)が進む可能性もある。

 来週にFOMCを控え、昨日はドルの買い持ち高を減少させる動きが出て、為替がやや円高にふれた。為替が円高に動くのを見て、日経平均先物にも売りが出た。

ドル円為替レートの推移:2015年10月1日~12月9日


 過去記事は、キーワード「日本株展望」から読めます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]