編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
HPE Discover

プロセッサでなくメモリ中心--コンピュータ新設計「The Machine」進めるHPE - (page 3)

末岡洋子

2015-12-15 07:00

開発者向けにファブリックアタッチメモリのエミュレーションを公開

 このようなデータ主導のコンピューターアーキテクチャを持つことは、HPEが掲げる4つの変革エリア「変革」「保護」「生産性向上」「エンパワー」に大きな進化をもたらす。たとえばエンパワー。「データ主導の組織により、大量のデータから洞察をすぐに得られる。まったく新しい種類のアプリケーションが可能になる」とFink氏。

 例として挙げたのが、グラフ分析だ。飛行機が予定より早く到着、しかし飛行機がゲートに入れずとまったままということがある。これはさまざまな要因が複雑に絡み合って起きている。操縦士、客室乗務員、機材、貨物積み下ろし、地上ハンドリング、気象観測などを1つのグラフにして分析できれば、より迅速に変更管理できるとFink氏。

 さらには、世界中の空港がネットワークを作れば、ある空港で雪が降るとどうなるのか、履歴データを分析して予測ができる。実際にイベントが起こった後に対応するのではなく、予測して得たソリューションを微調整すればいいだけだ。

 Fink氏はこれを”事前のコンピューティング”とする。what-if分析を無限に行うことができれば、問題が起こる前に解決することも可能になる。「これが企業のビジネスにどのような影響をもたらすか、考えてみてほしい」とFink氏。HPE Synergy、そしてThe Machineを通じて、「われわれはエンタープライズを将来も使い続けられる”Future Proof”にする」と述べた。


速度とパワーを利用して、複雑な問題が起こる前に解決できる

 The Machineは遠い将来ではない。Fink氏によると、プリント基板、プログラマブルシリコンなどの部品がそろいつつあり、最初は100Gbの光ファイバを利用するという。そして、開発者向けに「Fabric Attached Memory」としてメモリエミュレートパッケージを公開したことも発表した。

 GitHubのFabric Attached Memoryのページでは、「ハードウェアがアベイラブルになるのは2016年以降」となっている。開発チームはThe Machineの推進に当たってオープンソースモデルを利用する意向で、OSやプログラミングツールなどもオープンソースとして公開することが予想される。

 The Machineの商用化はいつか?Fink氏は具体的には触れなかったが、「The Machineは現実だ」と会場に向かって自信を見せた。会場の説明員によると2020年が一つのマイルストーンとなっているとのことだった。


展示会場内にあったHewlett Packard Labsエリアでは「The Machine」の展示があった。
これはフォトニクス技術に関するもの。

光のメリットは電力と速度だけではない。10Gbpsのイーサネットケーブルを80本束ねた銅線(下)と
1本2.4Tbpsの光ファイバ(上)ではすっきり度がこんなに違う。

The Machineのハードウェアプロトタイプ

The Machineのアーキテクチャ。共通のユニバーサルメモリにSoCからアクセスする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]