イーロン・マスク氏ら、AI研究組織「OpenAI」を創設--人類への貢献を目指す

Michelle Meyers (CNET News) 翻訳校正: 編集部 2015年12月14日 08時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Elon Musk氏、Sam Altman氏、Peter Thiel氏というIT業界の著名人らから10億ドルもの寄付を得て、人工知能(AI)の推進を目的とする研究組織OpenAIが米国時間12月11日に創設された。AIは、この技術を搭載する機械が人間にどう影響するかという懸念から、有望ながら論争の的にもなっている分野だ。

 OpenAIは発表の中で、「人間レベルのAIがどれだけ社会に貢献できるかを推測することは難しく、また、それが正しく構築または利用されなかった場合に社会にどれだけの損害を与え得るかを想像することも同等に難しい」と述べ、「人間レベルのAIが、いつ実現可能なレベルに達するかを予測するのは困難だ。そのレベルに達したときに、良い成果を自己利益よりも優先できる強力な研究機関が存在することが重要となる」とした。

 Musk氏、Altman氏、Thiel氏がAIに関心を寄せていることは重要な意味を持つ。3氏は既に未来の構築に関わっているからだ。Musk氏は、1998年にPayPalを共同創設してモバイル決済の提供開始に貢献した。同氏は現在、電気自動車メーカーTeslaと民間宇宙開発企業SpaceXの最高経営責任者(CEO)として現代の輸送に多大な影響を与えている。Altman氏はY Combinator社長として、Airbnb、Dropbox、Twitchなどの新興企業設立を支援した経験を持つ。シリコンバレーの著名な投資家であるThiel氏は、PayPalの共同創設者で、Facebookの初期の投資家でもあった。つまり、彼らが関わる技術は大きく成長する傾向にある。

 「非営利組織として、われわれの目標は、株主ではなくすべての人々にとっての価値を築き上げることにある」と発表には記されている。また、研究者らが独自の研究成果を広く共有することを推奨し、同組織が取得するすべての特許を世界に共有する予定だという。

 OpenAIを統括するのは、Googleの研究サイエンティストIlya Sutskever氏で、同氏はOpenAIの最高技術責任者(CTO)および研究ディレクターを務める。Musk氏とAltman氏は共同会長に就任する。


TeslaのCEOであるElon Musk氏は、AIを搭載した機械が人間の手に負えなくなることについて警鐘を鳴らしてきたうちの1人だ。
提供:Patrick T. Fallon/Reuters/Corbis

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算