編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

IBMによるIoT戦略の今--新部門設立やパートナーエコシステム確立に見る動き

Jo Best (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-12-16 06:30

 IBMはここ何年もの間、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)に取り組んできているが、今後30億ドルの投資によって、同分野にさらに注力しようとしている。

PSA Peugeot Citroënは、IBMのIoTパートナーの1社だ。
この「308 GTi」を製造しているPSA Peugeot Citroënは、IBMのIoTパートナーの1社だ。
提供:PSA Peugeot Citroën

 IoTという言葉は一部の人々にとって、まだ目新しいものだ。日常生活で使用するあらゆるモノを接続することで、新たなデータストリームを生み出し、それによって新たな収益の流れさえも生み出すというのは、比較的新しいトレンドに思えるかもしれない。

 しかし、それ以外の人々にとって、IoTは別の名前でかなり以前から継続して取り組まれているものでしかない。例えばIBMは何年も前から、ユビキタスコンピューティングやパーベイシブコンピューティングといったコンセプトに基づいて製品やサービスを提供してきている。そして同社は3月に、長年の取り組みを土台とし、IoT部門を新たに設立するために4年間で30億ドルの投資を実施すると発表した。

 この時には、The Weather CompanyのBtoB部門との提携に加えて、垂直型のIoTソリューションを設計、提供するためのアナリティクスサービス「IBM IoT Cloud Open Platform for Industries」や、同社のPaaS「IBM Bluemix」の一部として提供されるIoTサービス「IBM Bluemix IoT Zone」といった新製品も発表された。

 そして9月には、IoT部門が設立され、同部門のゼネラルマネージャーにThomas Cook Groupの元最高経営責任者(CEO)であるHarriet Green氏が就任するとの発表があった。

 IBMは10年以上も前から、マシンツーマシンといった先駆的な言葉を使用してIoTに取り組んできていることを考えた場合、この新部門を今回設立した理由はどこにあるのかという疑問がわいてくるはずだ。

 IBMの著名なIoTエンジニアAndy Stanford-Clark氏によると、新部門の設立は「IBMがIoTに対して真剣に取り組んでいるという明確なメッセージを発信する」ための手段なのだという。

 「IoTは当初、(IBMの)アナリティクス部門で取り組まれていた。その後、ちょっとした組織再編があり、専属の部門が設立された。つまり、『われわれは本気だ。これまでやってきたことを続けていくだけではない。これはわれわれにとって重要なことなのだ』という姿勢を明確にしたわけだ」(Stanford-Clark氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]