編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
大木豊成「Apple法人ユースの取説」

iPad ProとiPad miniとMacとWindowsの社内共存 - (page 2)

大木豊成

2015-12-17 07:00

ファイルサーバをなくそう

 筆者がお客様から相談を受ける中で一番多いのが、「ファイルサーバをどうすればいいか」というものだ。ファイルサーバには、その企業の社員たちがコツコツと作成してきた資料、データがたくさん格納されている。

 しかし、多くの企業ではファイルのネーミングルールが整備されていない。ある人は「aaa_20151209」という名前をつけるが、別の社員は「20151209_aaa」になっているし、あるいは「aaa_151209」と名付ける人もいる。更新されたものをそのまま同名にしている人がいれば、「_R01」とリバイスをはっきり明記する人もいる。


 Excelファイルの場合、拡張子がxlsxで保存していたものを、わざわざxlsに変えてしまい、重複したファイルを作成してしまっている人がいる。さらには、各自がファイルサーバのあちこちにフォルダを作成して、結果的に同じファイルを置いていることも少なくない。

 そして、多くのファイルサーバは、Windowsでしか使うことを想定しておらず、Macはもとより、iPadなどのモバイル端末からはアクセスできないようになっている。加えて、外部からアクセスできないので、ファイルサーバの中のファイルを見る、あるいは更新するために帰社しなくてはならない。

 このファイルサーバをごっそりとクラウドストレージに置き換えることができたらどうだろうか。クラウドストレージの多くは、ファイルの中身まで全文検索できるし、WindowsやMacだけでなくiPadやiPhoneなどからもアクセス可能だ。これにより、社員の便宜性は格段に上がり、行動範囲も一気に広がる。

 筆者のもとにも、クラウドストレージの導入を検討する企業からのデータ移行のご相談が増えているのが実態だ。どのような手順で、どういった判断で、どういうタイミングで切り替えるのか検討が必要だが、これができることで社内のモバイル化は一気に進む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]