IBMがドイツにWatson IoT部門の本部を設立

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-12-16 10:18

 IBMは現地時間12月15日、同社のWatson部門で進めているモノのインターネット(IoT)に関する取り組みと各業界の橋渡しを目的としたグローバル本部を、ドイツのミュンヘンに設立したと発表した。

 Watson IoT部門は、合計1000人の開発者、コンサルタント、研究者が所属する。この本部はまた、データサイエンティスト、プログラマー、エンジニアのテストベッドとしても機能させる予定だという。ターゲットとなる市場には、自動車、電機、医療、製造、保険などの各業界が含まれる。

 IBMはまた、「Watson IoT Cloud Platform」でWatsonのアプリケ―ションプログラミングインターフェース(API)を新たに利用できるようにするという。このWatson APIとIoTクラウドの組み合わせは、「IBM Watson IoT Foundation Analytics」と呼ばれ、機械学習、自然言語処理、テキストアナリティクス、動画および画像のアナリティクスのためのAPIが提供される。

 Watson、クラウド、IoTの3つは、IBMが不調続きの同社の事業を再び成長に向かわせるために力を入れている分野だ。

 IBMはまた、中国の北京、ドイツのベーブリンゲン、ブラジルのサンパウロ、韓国のソウル、米国のマサチューセッツ、ノースカロライナ、テキサス、および東京にWatson IoT Client Experience Centersを開設したと述べている。これらのセンターは、IBMのWatson関連製品ラインと特定業界向けアプリケーションを顧客に紹介することを目的としたものだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]